自分に責任を持つ

自分のやりたい人生を歩む時、自らに責任が果たせる。

 
 
意にそぐわない選択は、人のせいにする要因。
これが、だいたいの理だと判った。

 
意にそぐわない人生を送ってる人は、誰かに責任を問いただす人は…
無意識にだろうが、自分を捨ててしまってることを自覚しなければならんのではなかろうか。
ほんとうの意味で何とかできるのは、本人しか居ないのに。

方法がわからないのか?
それとも自覚がないのか?
 

もしかしたらとっくに気づいてたんじゃないか…

 

 
やりたいことを、阻むもの。
誰かに対する責任感。そんなもの最初からない。
どんなときも、責任を果たせるのは自分自身に対してだけ。

 
自分自身のしてきたことが、今結果としてある。
すべての人に、それが当てはまる。
自分のことは自分で何とかするのだ。

 
自立できない状態での[他人への気遣い]って、実にエネルギーの無駄遣い。
そういうの、わりとズレありまくりで無駄無駄無駄。

集団社会の恐ろしさよ… 私自身の戒めよ。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

人を見る

そのままで受け入れられる人もいるし、
そのままで無理が生じる人もいる。

 
全員が全員、ありのままで分かり合えるつもりでいた。
そんなことはなかった。

よく人を見なければ。

賛成 or 無理 or どうでもいい

 
今まで、接する人に対してどうでもいいが多すぎたんだ。
よく見なければ。賛成できる所は賛成。無理な所は無理。はっきり伝えなければ。。。

全体を見て、人を見ず。
人を見て、全体を見ず。

両方の視点を交互に切り替え。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

予知能力

予知能力。

私は未来を予見することができる。

 
私は、明日の朝はヨーグルトを食べるのだ。

我が家の乳酸菌が頑張って豆乳を固めてくれている。

トーストがこんがりと焼けている。

林檎を乗っける。ヨーグルトに漬ける。食べる。

美味い(‘ ‘*)

 
お茶。お茶。

 
寝て、起きて、その後の未来の情景が描かれた。

ほら、私は未来を予見することができる。

 

私の人生は、こうして私に係る身近なことから築かれていく。

まずは明日の朝ごはんから。

朝ごはんを食べない人は。お昼ごはんから。

 

お昼ごはんを予見して、今この瞬間に御飯を炊く準備をするのだ(‘ ‘*)

私の未来は、私が築く。

最終的には、私の思う通りに私の未来が動く。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

外注

とある業務、特定の人に投げっぱなしで、その部分は全く把握できてなかった。

人に頼むのは楽でいい。
生活を人に頼るのも楽でいい。
お金さえ払えば全部やってくれる。
ただし固定経費発生。

けれど最初は自分でやってみると、そこの大変さがよく分かる。
その分、その事に責任が持てるようになった。お金も節約。

 
自分自身に関わる物事を把握すればするほど、
生活でも仕事でも精神的に生きやすい感覚を思う。

 
いつも人に頼むことは、どこかで自分も経験していた方が良いだろう。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

未来の展開

これさえやれば大丈夫…とか、これが唯一の正しさ…とか。
一番足元救われるな。今までの経験からそう感じた。

こんな方法がある。あんな方法もある。色々。
個人個人がそのとき最善だと思われる生き方を、それぞれしていけばいいと想います。

 
で、これから突き詰めていきたいのが、次世代の暮らしのイメージモデルを創りあげることです。
荒れて放置されてていいから、土地が要るんだわ。
使わせて頂けるとこどっかねーかな。

1反〜2反。
まずは、この空間内を如何に住みよい環境に整えられるか。。。
を、念入りに設計図組立中。

働きに出ること無く、自分たちの居る空間だけで生活成り立つんだったら、その方がよくねーべか(‘ ‘*)?
何の心配もない。それぞれが自分たちの空間を想うとおりに作り変えて、自分たちのやりたい生活をすればいい。

各々が実現できれば、未来はどの家も個性がでて、面白い住まいが並ぶだろうな。
お隣さん訪問とか、お隣さんのお隣さん訪問とか、毎日が冒険の連続(。◕ ∀ ◕。)ノ

そういった実現可能なイメージモデルを、最初に一つ創っちゃえばいい。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)