マクロビの実践と食器洗い

当サイトの美人料理レシピは、食器洗いに洗剤を必要としません。お湯とスポンジだけで落ちます。
洗い物が簡単になるということには、想像以上に素敵なメリットがあるのです。

洗剤いらずのキッチンスポンジでオススメはこちらの製品。
物持ちと汚れ落ちが段違いに良く、当サイト一押しのスポンジです(。◕ ∀ ◕。)ノ

参考 ⇒ 食器洗いスポンジおすすめ

食器洗いに見る美人料理(マクロビ)のメリット

そもそも当サイトのレシピは動物性食品や油、合成調味料(石油)を使わないからですね...
炒めものは、多くの場合油の代わりに水を貼って蒸し焼きにするし
昆布だしと低温蒸しの技術、少量の天然塩のみで素材の旨味を直に引き出す料理法が主。

参考 ⇒ 低温蒸し


コレだと洗い物は殆ど汚れないし、流水にスポンジで擦るだけで充分なのです(' '*)
だからなのか、必然的にビーガン(菜食)よりになっていくのですよね。
(意図的ではなく、洗い物増やしたくないという意味でも)

食器洗いで分かる身体への美容効果

洗い物の汚れ具合は身体の状態にも置き換えて見ることが出来ます。
当サイトのレシピは身体を汚さず、腸内のデトックスに係る負担が殆どありません。
その為、体内のアンチエイジング効果を最大限に活かすことが出来るのです。
しかも歯を必要以上に傷つけず、口臭も改善する。いいコトづくしです。

栄養素学で言えば、動物性食品を取らないことに「偏り」を感じるかもしれませんが
むしろ内臓への負担が減って綺麗になれる面もあります。体臭も減り、ムダな贅肉もデトックスされる。 トータルバランス的に「体に負担のかかるものを取らない」ことのメリットの方が大きいかもしれません。

必要以上に無駄がなく、それだけ内側から清浄になれるということですからね。

参考記事 ⇒ 綺麗に痩せる美容ダイエット食事法

家庭でのマクロビ実践に関して

ただし肉類や油物、砂糖、分かりやすい添加物の味付けに慣れてる人からは
・・・きっとブーイングの嵐だ(。◕ ∀ ◕。)ノ
腸内細菌がそれようのバランスに保たれてますから、突然変えようとすればビックリさせます。

がっつりボリュームあるもの食べた〜い(' '*)!
ひょろひょろ野菜ばっかじゃ力がつかんだろ???
と、ご家族の方に言われるケースが出てくるのは至極当然でしょう。

こういうの慣れの問題ですからね...
嗜好が、分かりやすい味付けに慣れてるうちは
当サイトの繊細なレシピは、ちょっと合いません。

多少、身体に充分な栄養と満足感を与えられるような(でも同時に身体を汚してしまうような)
大衆向けレシピも、必要になってくることが有ります。
実践の目的にも依りますが、やはりご家族の状況に合わせたレシピも取り入れ
多少の心得として、当サイトのレシピを掻い摘むくらいでちょうど良い気がする。

例えば、いきなり玄米100%というのは、旦那さんやお子さんにはちょっと難しい。
だから分搗き米や、精米、雑穀米との混ぜあわせがいいのですね。
割合は季節や好み、状況に応じて変えていく。

これは、お子さんの成長に関してもそう言いたいです。
給食や学校でのこと、食べ物や添加物のこと、子供は理解が早い。
お母さんの考え、全て伝えようと思えば伝わります。

そのうえで、どちらを選択するか選ばせるのもアリだと思う。
もし我を完璧に貫くのを良しとするなら、一人になればイイ。
周りに合わせる必要なんて無い。簡単です。


そうでなければ玄米菜食にこだわらなくても良いですからね。
状況に応じて魚を出したり、たまには狩猟した動物肉も出すこともあるでしょう。
生命の重みを感じながら、ありがたく頂きましょう...

特別な洗い物は、お湯だけでなく重曹+クエン酸を使ってみたりもする。

美人料理(マクロビ)=玄米菜食じゃない

その目指すところは、全体の調和。認め合い。
食事内容の制限は必要としません。ただ語り合って理解を深めるのみ。
マクロビはお互いが理解し合うことで、その中での最も適正なスタイルを形作ることです。

いわばバランス感覚ですね。
我を通すだけでは、本当に相手の為を思う料理は作れない。
自分や他者のためを思う調和のとれたレシピこそが、美人料理なのですから...
適度にこだわりを捨てて、出来る範囲で実践していけばいいでしょう。

そのうちお互いに理解し合える日がくると思います。
すると、ほんとうの意味で調和のとれたレシピが実現できてくるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます(' '*)

   

※ この記事がお役に立ちましたら、ぜひ皆さんにも広めてください.。.:*・゜

>> この記事をfacebookでシェアする