圧力鍋 シコマチックeコントロール

シラルガン 圧力鍋
商品名
シコマチックeコントロール
製造会社
Silit(シリット)
製造国
ドイツ製
サイズ1
2.5L (価格:43,200円)
サイズ2
4.5L (価格:48,600円)

【各ショップで価格を比較できます】
楽天で探す amazonで探す Yshopで探す

圧力鍋のおすすめ 選び方

シラルガン圧力鍋のおすすめポイント

  • 圧力レベル2(最大)の沸点119℃
  • シラルガン『強磁性鋼+強化ガラスセラミック』製(頑丈で安全)
  • 天然鉱石なので熱を加えても食材が痛まない。
  • 熱伝導率と保温性が良く、ムラのない仕上がり
  • 遠赤効果によって弱アルカリ水に
  • 鍋のまま長時間置いても料理の美味しさを保つ
  • IH、ハロゲンヒーター対応

此処で紹介するシラルガン圧力鍋の沸点は119℃
これは理想的な数字です。

120〜130℃以上で長時間加熱すると、発ガン物質を生む恐れがあるそうで。
シラルガン圧力鍋は沸点が最大119度、安全な温度を保ちます(。◕ ∀ ◕。)ノ

さらに鍋の内側はセラミックの天然石で出来ています。
金気がないため熱を加えても成分が溶出する心配もなく、酸化しない。
遠赤効果で効率的に火が通り、仕上がりが美味しく炊けるのです。

(アルミなどの金属製の場合、高圧温度では金属イオンが溶け出し、食材にダメージを与えてしまう可能性も拭えません。その点シコマティック圧力鍋は素材が天然鉱石なので、非常に優秀です。)


2012年現在、ドイツ製の圧力鍋は日本製よりも技術が進んでいます。
知り合いの熟練した料理人も、数十年色々な圧力鍋を試してきて最終的にシラルガン(シコマティック e-コントロール)に落ち着いたそうです。
つまり、モノは間違いなく一級品であるということ。

シラルガン圧力鍋 容量など

2012年現在の最新型は

「シコマティック e-コントロール」


容量は2.5ℓか4.5ℓがオススメです*:・'゚☆
大容量の4.5ℓは重たいので、4合炊きまでは2.5ℓをおすすめします。

圧力鍋の使い方

圧力鍋は美人料理の基本 ⇒ 「玄米食」にも非常に役に立つアイテムです。
通常の鍋で1時間弱も掛けて炊く手間が、圧力鍋の場合はそのまま20分炊くだけ。
豆類の調理も浸水時間を必要とせず、10分弱火で炊くだけで簡単に出来ます。

必需品ですね(。◕ ∀ ◕。)ノ


圧力鍋の注意点としては以下

  • 最大サイズの2/3量まで炊ける
  • 空焚きしない
  • 火を強くし過ぎない
  • 内圧が掛かるまでは中火
  • 内圧がかかってからは弱火
  • 圧が抜けるまでは蓋を動かさない

圧力鍋の炊飯については、以下を参考にどうぞ*:・'゚☆

玄米の炊き方

蒸し鍋としても

また、圧力鍋としてでなく蒸し鍋としても優秀です。
(蒸す専用の内蓋セイロまでついてます)

密封状態で蒸すことが出来るため、100%蒸気での蒸し料理が可能。
遠赤効果で、蒸すことによる還元効果も高めることができます*:・'゚☆
根菜類芋類は、短時間でさらに美味しく調理が可能になるでしょう。

  1. 鍋に少し水を引いて、すのこの上に食材を置く
  2. 蓋をして「メモリ2」に設定、中火で沸騰させる
  3. 沸騰後、4分ほど弱火にして火を消す
  4. 蒸らす過程で、食材に火が通って行く
短時間で美味しく火が通ります(。◕ ∀ ◕。)ノ

シコマチック圧力鍋 スチーム前 シコマチック圧力鍋 スチーム後

蒸し料理についてはこちら ⇒ 低温蒸しについて
皆さんも是非、Silit製の鍋の良さを実感されてみてください。


「シコマティック 圧力鍋」

最後までお読みいただき、ありがとうございます(' '*)

   

※ この記事がお役に立ちましたら、ぜひ皆さんにも広めてください.。.:*・゜

>> この記事をfacebookでシェアする