ひじき蓮根

ひじきと最も相性の良い炊合せがひじき蓮根。
蓮根を組み合わせると、お互いの足りない栄養素を補ってくれます。
これは呼吸器系のトラブルやむくみ、冷え性に最適な一品です。

秋〜冬に食され、精進料理でも3つの指に入るほど重宝されています。

ひじき蓮根のレシピ

(ひじきれんこん)
ひじき蓮根

【分量】(6食分程)

れんこん
75〜100g
乾燥ひじき
25g
ごま油
小さじ1
天然水
ひじきの戻し汁、煮汁として最小限の浸々量
醤油
大さじ2〜3

【所要時間】

下準備
料理時間

作り方

  1. 蓮根をよく洗って薄くいちょう切り。
  2. フライパンをよく熱し、ごま油を入れ蓮根を中火で炒める。
  3. 戻しひじきを入れ合わせ、磯の香りと水気を飛ばす
  4. ひじきの戻し汁と水を8分目くらい入れて蓋。蓮根が柔らかくなるまで弱火で煮る
  5. しょうゆを数回に分けて味付け、水気が無くなるまで煮る。

蓮根を洗っていちょう切り

泥つき蓮根は、流水で良く洗い流します。表面をこすって入念に洗ってください。
その後、半分⇒四分の一に切り、2mmくらいの厚さで皮ごとイチョウ切りにします。

泥つき蓮根 蓮根を洗う イチョウ切り

一般的には酢水に浸けてアク抜きをしますが、無農薬のモノはそのまま使います。
アクにも豊富な栄養が含まれてますので、大切に調理します。

ひじきの戻し方

ひじきの戻し方は、こちらを参照してください。。

ひじきのレシピ

フライパンで蓮根を炒める

フライパンを良く熱します。熱することでれんこんが鍋につくのを防ぎます。
ごま油を入れ、弱〜中火で蓮根に火を入れますが、このとき混ぜすぎない事がコツ。
火が入ってくると、だんだんと香りが出てきます。
フライパンをよく熱してから 蓮根を炒める

ある程度火を入れたら、蓮根を片方に寄せてひじきを入れます。

蓮根を片方に寄せる ひじきを入れる

上下を満遍なく合わせ(天地返し)、磯の香りと水分を飛ばします。
このときも箸で混ぜすぎないように。
天地返し 満遍なく混ぜる

ひじきの戻し汁と水を入れ煮る

音や香りが変わって水気の飛んだ事が分かったら、ひじきの戻し汁と適量の水を加えます。 水の分量は、具材がギリギリ浸るぐらい。
水を入れて煮込む

蓋をして、弱火でじっくり煮ます。水分が無くなったら味を見て、蓮根が堅いかな?と感じたら、その都度水を加えて煮ていきます。
落し蓋
(具が煮詰まるまで15〜20分位...ゆっくり煮ます)

水気が煮詰まってちょうど良い具合になれば、しょうゆを外側から回し入れます。
しょうゆの量は3回に分けて、その時の状態や味を見て調整してください。
良いしょうゆを使えば、素材の味が引き立つでしょう。
ひじき蓮根味付け

器に盛りつけて完成です。
ひじき蓮根

体調や味覚により醤油の量を調節してください。
まれにみりんor酒小さじ1+醤油大さじ2で煮ることもあります。


最後までお読みいただき、ありがとうございます(' '*)

   

※ この記事がお役に立ちましたら、ぜひ皆さんにも広めてください.。.:*・゜

>> この記事をfacebookでシェアする