玄米リゾット レシピ

リゾットは、生のお米を出汁とソースで煮込んだ料理です。
芯の僅かに残った絶妙な食感に、深みあるソースで彩られた最高のお米料理。
という意味が、イタリア発祥の呼び名「リゾット」に込められています。

玄米リゾットベース 作り方

(玄米リゾットベース)
玄米リゾットベース

【分量】(4食分)

玄米
1合
だし汁
1.5カップ(玄米量+0.5カップ)
干し(冷凍)キノコ
50〜100g
玉ねぎスライス
1/2玉
天然塩
ひとつまみ

【所要時間】

下準備
ベース調理時間
仕上げ

作り方

  1. 玄米を50度洗いする(白米は洗わない)
  2. 玄米、キノコ、玉ねぎ、精進だし、天然塩を鍋に入れ、蓋をして弱火で40〜50分煮込む

以上がリゾットベースの作り方。
見て分かるように、非常に簡単です。

手順の詳しい説明は以下。。。

玄米の50度洗い

玄米を洗うのは「汚れを落とすため」⇒ 50度洗いが適任。
給水させないよう手早く洗ってザルに移し、鍋に入れます。
白米の場合は、洗わずそのまま使います*

鍋に材料を入れて煮込む

入れる順番は、まず玄米...
最初に空煎りして水分を飛ばすと、味がよく染みます(極弱火)
玄米空煎り

次に干し(or冷凍)キノコ⇒玉ねぎ⇒出汁(or乳酸菌液)⇒天然塩の順

これを、蓋をして弱火で煮ていくのです。
材料の下ごしらえは以下を参考にどうぞ。

冷凍キノコリゾット 20分煮込みリゾット 30分煮込みリゾット

写真は左から火を入れる前。15分、30分煮込んだ画像蓋は空けないでね♪)
水分が少なくなり、全体がふっくらしてきます(米が出汁の旨みを吸収している)

リゾットお米 お米に芯が残る程度(参考画像)
此処まで煮こめばベースが完成です。

玄米の場合は約40〜50分ほど掛かりました。
炊き時間はお米の状態、火の強さ、天候によって加減してください。


ベースとなるリゾットの作り方さえ覚えれば、
後はソースをアレンジするだけです。


(此処から様々なリゾットレシピが、その姿を表します(' '*)

夏野菜のクリームリゾット

かぼちゃのクリームリゾット 《ソースレシピ》
  • かぼちゃ......1/8個
  • 人参......1/4本
  • インゲン......3本
  • オクラ......1本
  • 豆乳......100cc
  • 天然塩......少々

《作り方》
  1. 食材は、下蒸しして小さく切り分けておきます
  2. リゾットベースに材料を全て入れ、さっと煮込んで完成

食材の下ごしらえ

夏が旬の蒸し野菜 メニューに合わせて、
蒸し野菜を常備しておくと良いです。

リゾット 仕上げ

旬野菜のリゾット ソースを加える 豆乳煮込みリゾット

リゾットベースに切り分けた食材を全て入れ、ソースを入れて合わせます。
味が全体に馴染み、弱火で均一に温まれば出来上がりです。

黒胡麻リゾット

黒胡麻リゾット 《ソースレシピ》
  • 人参......1/4本
  • 高野豆腐......3cm四方
  • オクラなど......2本
  • 黒ゴマペースト......大さじ2
  • 天然塩......少々


材料さえ有れば、後の作り方はどれも同じです。
蒸した食材を切り分け、リゾットベース+ソースで合わせるだけ(' '*)
黒ゴマペーストを加える 黒ゴマリゾット仕上げ

夏野菜のトマトリゾット

トマトリゾット 《ソースレシピ》
  • トマト......2個
  • ジャガイモ......小1個
  • 茄子......1/3本
  • インゲン......3本
  • 高野豆腐......3cm四方
  • 天然塩......少々
  • 醤油......小さじ1杯

ソースの種類が変わるだけで、レパートリーが様々に広がりますね。
此処からは、皆さんで考えたレシピにアレンジされてください*:・'゚☆

冷ご飯で作るリゾット

冷ご飯でもリゾット風味の感じで料理できます。
その場合も、弱火でご飯+具材+ソースを合わせるだけ。

冷ご飯 トマトと夏野菜 トマトリゾット 冷ご飯リゾット

本来はお米から作ったほうが美味しいですが、こちらも中々楽しめる味です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます(' '*)

   

※ この記事がお役に立ちましたら、ぜひ皆さんにも広めてください.。.:*・゜

>> この記事をfacebookでシェアする