水がもたらす美容効果

滝 人間の身体は【水分】でほとんどの割合を占めてますから、
体内の水が綺麗になることで、身体にも美容効果がもたらされる。
そのような繋がりが、見えてくると思います。

その為に、体内に流れる水をどうやってきれいにするか?
此処から考察していきましょう。

水の特性を知る

水の特性とは、ありのままを映し出す性質を持っています。
光を映し、姿形を映し、そして音や音階を映す楽器にもなります。
そして細かい結晶の形で、場の雰囲気や空間を現す「振動」を読み取ることもできるでしょう。

水
  • 水は透明のレンズで、それを映す性質
  • 水は、同じ領域の水と混ざり合って情報を共有する
  • 海、雲、雨、川と姿形を変えて地球を循環している

以上のような当たり前の組み合わせから、
【水】は目に見えない「振動エネルギーや情報」を宿し続けることが分かります。

この辺りは、音の振動エネルギーと癒し効果 の部分を合わせて読むと理解しやすいです。
例えるなら音叉のような、同じ周波数を持つ【水】同士の共鳴が起こってるのですから。
【体内の水】と【外界から取り入れた水】の周波数がお互いに情報交換をする感じです。


だから生命というのは、地球上のあらゆる【水】と繋がっている

とくに自分の住んでる地域に近い【水】は、自分と深く繋がりを感じ取れるものです。
その土地の水は、周波数が似通ってて馴染みやすいから。

水の綺麗な場所で暮らせば、自然と身体に美容効果をもたらしてくれるでしょう。
周りの雄大な自然の美しさが、水を介して身体に宿されていくのです。

自然の力が宿った天然の水

  • 飲んでる水
  • 食べ物の水分
  • 大気中の水蒸気
水が身体に取り込まれるときの状況を考えてみました。
生命の育つ過程には必ず水が介され、環境や、其処に運んでくれた存在の感情が流れ込みます。

「大自然に磨かれた水」 と 「その土地で育てられた食べ物」

調和に満ちた天然の【水】や、それが宿った作物には、
それだけで体内のバランスを整える効果があるでしょう。。

本来の自然な状態=無駄が無い ⇒ 本物の美しさです。

浄水器のきれいな水

大自然の恩恵が見えづらい現代では ⇒ おすすめ浄水器

浄水器については、水のリセット化が目的ですので自然の恩恵はあまり期待できません
本当なら、山水。きれいな湧水が一番なんですけどね。

ただ、都会では水を水素イオン化し、還元水素水を作る浄水器あります。
都会の水に対しては、このような水素水浄水器の水が適してるかと思われます。
還元水素水のもたらす美容効果は高いですからね。

水素水浄水器 ⇒ h2oasis

水が綺麗な環境にする

また、間接的に生活環境に関わる水を綺麗にすることも大事です
自分に関わるすべての【水】が、循環する水のサイクルで関わってきますから。

生活排水は川を伝って海に流れ、雲として空に上がり、雨となって地上に降り注ぐ

その水が再び、人の飲料水となるのですから
究極的には、水を汚さないことが重要だと気づけるはず。

【水】は人間の身体だけでなく、地球上の大部分を占めます。
さらに水は共鳴する特性を持つ、つまり...
周りの水を綺麗にする⇒身体への美容効果が高まる。という関わりが見えてくるのです

自分の住まいの「水まわり」を綺麗にすることは、とても大切ですね。
特に台所、洗面台、トイレを綺麗にすると、
住まい環境そのものが美容効果をもたらしてくれる感覚があります。

水まわりの掃除は、内側から綺麗を保つ秘訣でもあります。

排水溝を汚さない

掃除や洗い物のときは、洗剤を環境に優しい重曹ベースの洗剤に変えると良いです。
そうすると、必要以上に排水溝も水も汚しませんからね。
結果的に、身体にも良い効果が現れると思います。

おすすめの洗剤


油汚れや水回りの汚れなどは、洗剤を使わなくても、お湯と重曹で落ちます。
そもそも油を極力使わなければ、台所はきれいなままですけどね。
体内の血液もさらさらなままだし。

家庭の台所事情で、その人の身体がどんな状態なのか、感づく人は勘付くでしょう。
排水溝が油汚れで溜まってるということは、人の血管も油汚れで大変なことになってる。
という繋がりが、現実にも見えてくるようになるのですから。

だから水まわりの綺麗な住まいは、住んでる方も綺麗でいる傾向が強いです。

自然の力を敬う

最後に、人工樹林ではない自然なままの姿がある森、豊かな水の湧き出る場所。
人の手が入ってない自然の森が、私たちに必要な命の水を磨いてくれています。

森を敬う ⇒ 森を育てる ⇒ 綺麗な水が増える ⇒ 綺麗な女性が増える*:・'゚☆

すばらしいことです。
森を綺麗にすることは、新時代の類い稀なる美容法でしょうか?
逆に私達が美しく生活出来たら、美しい水を作る森が蘇る、とも解釈できるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます(' '*)

   

※ この記事がお役に立ちましたら、ぜひ皆さんにも広めてください.。.:*・゜

>> この記事をfacebookでシェアする