見たものを瞬時に記憶する力

赤ちゃんは見たものを瞬時に記憶する

「何もない」ことが才能。
白紙の状態こそ、どんどん情報を記憶する瞬間だから。


だからこそ、生まれた瞬間の最も始まりとなる「印象」が、如何に重要なものかが理解できると思う。

自分たちの住まいで出産するということ

だから、病院での出産はやめたほうが良い。
そんなことしたら赤ちゃん、この世界において、病室が「親」だと錯覚するから。

だから今、医療業界が好き勝手やってるわけ。
生まれるのは病院、死ぬのは病院。人間の生命の根幹となる部分を、病院によって印象付けられては、その後の運命に暗い影を落とすこととなる。


だから病院よりは、少なくとも助産院の方に助けを求めたほうが良い。

理想を言えば自宅出産、それもお父さんが助産師さんとなり、お母さんと2人で子どもの誕生を見守る形がいい。。。或いは、大自然の木々や動物たちに囲まれた中で、大地の力を借りながら、出産の時を迎えるというのが...最も理想だと思う....


子どもの真っ白なキャンパスを、私たち家族の暮らす環境で迎え入れてあげて...
そうやって赤ちゃんの誕生を迎え入れてあげれば、その子は世間のあらゆる障害に邪魔されず、両親の世界を綺麗に受け継いで、立派に成長していくと思うから。

子供に強制的にと、世間や周りが教えを言い聞かせる必要はない
生きる環境、その子を想って創りあげた生活環境を
これからの人生の糧として、与えてあげるだけでいい、すんなり受け取ってくれる。

参考
家族の住みよい環境づくり
赤ちゃんの生命に必要なモノ「子育て環境」を知る


両親の暮らしぶりを「自分の糧」として、子供は成長する。
胎児でいる段階で、どんな子になりたいか。どんな子に育って欲しいかを語りかけ
それにあった生活環境を用意してあげるといいと思う

ただし子供は、親の子である以前に、自然が育んだかけがえの無い一人の人間でもある。
最終的な人生の選択は、その子自身が行うだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます(' '*)

   

※ この記事がお役に立ちましたら、ぜひ皆さんにも広めてください.。.:*・゜

>> この記事をfacebookでシェアする