ゼロにする暮らし

今の快適さに辿り着くまで。

退職、婚約破棄、家具家電を処分し、なけなしの貯金殆どを土地代に宛てた。誰の宛も無い、一人の環境へ移った。

最低限の仕事道具。
パソコンスマホの鞄を持って、自転車で行き来する毎日。

畑仕事は、鎌と鍬があればいい。

必要経費ほぼゼロの仕事+暮らしである。
これほどの清々しい暮らしを、どうしてもっと早くに気づかなかったのだろう…

過去を振り返りながら考えてみた。

そうか…便利な都会にいると、知らないうちに働かねばならない強迫観念に駆られるか。

都会は、そこに居るだけでお金が掛かるように作られてる。

食費は外食一つで嵩張るし
家賃は桁違いに高い
水道光熱費は半ば強制だろ?
移動にはバス電車
通勤時間に交通費。
おまけに年金保険料
日用品や雑費なんてあげたらキリがない…

ただ一人分の生きる費用だけで、とんでもない金額を要する。
一見便利なのは、それだけ働いて稼がなくてはならないことの証明だ。

文明社会では、何もしなければマイナスの負債ばかりだ。何もしないで穀潰しに見られることヘの恐れや罪悪感が、現代人の心を荒立たせるな。うへぇ、周りの目こえー!

で、もしも将来稼げなくなったら??の不安もあり、仕事や財産、多くの所有物を手放せなくなる。

現代人は、そうやって様々な制約を背負って生きてる感覚。保険とか契約なぁ…

最も悪影響は、稼ぎが無くなることへの不安から発せられる行動や業務。或いは取り決め。大概ロクなことがねーぞ。

最新家電は数年後に粗大ゴミ。買い替え必須かよ…おいおい。
頑張ったお父さん、老いたら介護老人ね。邪魔者扱い仕方なし。そりゃ無理が祟るでしょうに。年金制度は自分らの首締めるだけや。
無用な老人病人を量産する世の中じゃ、働き手いくらあっても足らん。
死に経済を無理クリ回すのカね?

ぁあ、お金ってすげー。
ひと昔前から、どのように経済が発展したか???おさらいだな。あたかもその制度や商品が必要であるかのように見せ、一般人の消費活動を拡大するだけのアレな。

何もない時代は、それで良かったかもしれんがな。

沢山仕事をしなければ生きていけない世の中になったなぁ、よう限界だな。今では生活必需品や保険制度、介護老人病人が多すぎだ。

そんで一人一人に十分な稼ぎのなくちゃ!という観念から、余計な仕事が次々生まれ、お金を数えるだけの人とか、余計な制度を考えるだけの人とか。突っ立ってるだけの人とか。

人々はそういった任務なしでは生きられない弱者になってた…

で、ぼちぼち単純作業はロボットに取られるだろ?もう奴隷は用済みだな。経済の奴隷では、今後話にならんな。

自由人だった記憶は遥か彼方か。ずいぶん昔の話だろうけど。あ、今もあるな。

里に帰る、周りに木がいっぱい。
夏快適、清々しい。何もいらん。

都会は、コンクリート舗装した、真夏の日差しでとんでもない暑さとなっていた。冷房が必須であった…

可笑しな。
素晴らしい発案者は、冷房装置を売るために、都会(人々の住む場所)をコンクリート舗装で塗りつぶしたんだろうか…

という話が冗談に映らなくなる。

マイナスの地場が、無駄を産み出し続ける(病もな)。この発想から、抜け出さねばならない。

何もしなくてもよい!
という世界をひと目見るだけで、よろしい。

自然は、そのままで人々を養ってくれる、そのように接することで。
年々実る果樹、ハーブ、木の実。虫や動物たち。鶏さんの卵、山羊のミルク、雨水(‘ ‘*)

自然に糧の成る地場を、自らに編むことができる。

制約解かれる!時間いくらでも開ける!
なんと解放的な未来が拡がっていくことだろう(‘ ‘*)

お金はな、必需品のリストからご退場だ。ありゃオモチャ枠で十分やな。機械も車も趣味枠でええよ。

単に視点の問題だわ。都会は仕事がないと生きていけない。から一転。
自然という場は、心を交えることでプラスの地場にもマイナスの地場にもなる。

ヒントになったのは自然農(何もしないで実りとなる)という概念だけど、具体的にそんなものは存在しなくて。

農法その他の物の考え方が、種まきと収穫、或いは人生の結果に現れているだけのこと。

ま、どうあれ。自分の世界観からマイナス(生活にかかる代償とか、責務とか)を精算されば問題ないんや。経費限りなくゼロ。仕事も殆ど無くなるのな。残った余力は、それぞれ好きなよ~にな。

全てが上手いこと調和してる。
そこに信頼を預けるだけとか。
物事がよー見えるよ~になった。

自分自身、これからの人生を心から楽しめるのな。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

制約からの解放

色んな制約。
外さなきゃ、始まらない。

日々のやるべきこと
今月のやるべきこと
今年のやるべきこと

減らさなきゃ始まらない。

「支払う」ということは、それだけ稼がねばならんということ。
大抵は時給800円の世界。人生の残り時間を削るということ。明日生きるために今日の人生を棒に振る、お金に縛られるとそうなる。

保険、年金、税金、経費。
稼げば稼ぐほど額が増えて、波も激しくなっていく。

自分自身でコントロールが効かなくなる。そうしてやっと稼いだお金も、所詮は他者の商品やサービスにしか替えられない。

自分の人生を犠牲にして、他人のシステムで生きる。日々、違う誰かのルールにそって生きる…どんな気持ちだろう…

毎日が日曜日なのを、良いな。って言う人がいた。全員そうなんだろうなって思った。

早く自分を解放するべきだと思う。

都会は便利なのだろうか?
既に生きる環境が用意されてる。
電気もガスも水道も、色んな設備が充実。楽ちん。
しかし、その分家賃は万額だ。最低でも月五万…
一月ただ寝る場所を確保するにも、活動時間に換算して60時間の命を支払わねばならない。
で、一日に働くのは8時間くらいが限界だから、ひと月に一週間が家賃で消える。

人生残り四分の三。

年金、保険は給料の四分の一持って枯れる。一週間消える。

人生残り四分の二。
これだけで40年死んだ。

さてここから車、年間の保険料、車検。高額すぎて厄介ね。
もちろん水道光熱費、食費…スマホ代

家族や子供も居たら、学費とか医療費とかもとんでもない。
働いた残り時間は、寝て過ごす?
家族サービス???

自分の残り時間どれくらい?死んだかな?
いったい何のために生きてたのか…

月々に支払うものが増えるほど、命は削られていく。家電も次々新しいのが出る。色々買い換えなきゃ。もう勘弁だ。

だから、解放さらる生き方を選んだ。
何もかもが一から、自分で築き上げていく人生にした。

人里離れ、辛うじて電気は通る小屋に、他は何もない。
水道はない、自然の雨水と湧き水。
ガスはない、炊飯器ですべて。
スーパーはない、食べ物は自分で育てる。
風呂はない、水浴びか近くの温泉で。
車はない、移動は自転車で。
ストレスもない、すべてが自分の思うまま。

最初は食べ物も調達しなくちゃならないが、これで、一ヶ月に3万円生活が可能となった。

バイト40時間、賞味5日間働けば25日が休日だ。

その自由な25日間で、自分の生活に関わる全てに取り組み、住み処を充実させることが可能となった。10年後、私はまるで違う世界に居るだろう。

自分で育てた作物は格別だ。
もはや店で買うのがバカらしくなるくらい素晴らしい物ができる。
あれは収穫速食べられるのが◎だ、自分でどう食べるのかを予め予定して育てることで、そのように実ってもらうことができる。格別に美味い。

食べ物は健康の源。
金には替えられない。
この味、自分で生み出す日々の糧、生きる喜びは金には替えられない。

子供の教育も、生きていく知恵を身につけるためであるなら、日々の生活の中に学ぶべきすべてが在る訳で、わざわざ高い学費をかける必要がない。

ほら、子供たちに明日から毎日夏休みだよ!!って伝える。素晴らしい世の中になる!親も楽。先生いらない、社会から余計な仕事減って素晴らしあ。

さぁ、会社もたたもう!
収支計算も社員管理も面倒だろうよ。
平均的な給与月20万として、その内5万が年金保険に消えるとか、いやそれ一ヶ月以上まるまる生活できるやんアホか。

みんな働くの激減させれば、税金や保険関係の仕事が消える。
素晴らしあ、

健康、自給自足の生活してればかなり改善される、ぉあ福祉が減る。素晴らしあ。

人々が余計な仕事しなくなる、ストレス減る、病気減る、ゴミ減る、空気綺麗。

他人の生き方は、文明社会の模範とする生き方は、もはや問題だらけだ。一人ひとりの理想とする生き方にはほとんどそぐわない。ドブに捨ててよろしい。

自分を貫く、周り気にしない。
自分で何もかもをどうにかする限り、誰にも何者にも自らを制限することは叶わない!

私はダメ人間であるから、解放できるのは自分だけ。もう他は知らない。理解も要らない。

これからは先代の土地が私と共に生きてくれる。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

人を馬鹿にするとき

馬鹿には二種類ある。

単にバカなのか。
本当にバカなのか。

人を馬鹿にするとき、笑って馬鹿にできるようなら、その対象は侮ってはならないバカの皮を被った何か。

人を馬鹿にするとき、いたたまれない程悲惨な気持ちになってしまうとき、それは本物のバカ。

人間には二種類居ることを知った。笑える人間は幸せだ。ある意味悲惨だ。

私は笑える人間でありたい。
そのときは私がバカであり、周りが馬鹿じゃないということだから。頼れる仲間に囲まれて暮らしていけるのだ!


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

自然派シャンプー 何がいい?

最近「湯シャン」をずーっと続けてます。
お湯で髪を洗うこと。

普段は山の空気の綺麗な場所で過ごしてて、
まわりが緑に囲まれて、水も綺麗で。

だからあんまり汚れること無いんですよね…

 

しかし、たまに都会に仕事で赴くことが有り
そこでは車の排気ガスや煙草の煙など、日常のように浴びます。
飲み会などで居酒屋さんにいくと、けっこう凄い。油物も料理してるからね。
髪がベトついたりするわけです。

 
普段の感覚で湯シャンだけしてると

「髪の毛、なんか匂うよ?」

が~~~~ん!!

いや、本気で都会暮らしはシャンプー考えるなって思いました。
まわりが汚れてたら、その分だけ入念に洗わないと行けないわけですね。

ということで、自然派シャンプー探してみました。
業界の人に聞いたら、こういうのがあるらしい。

 
普段は湯シャンだけで済ますけど
出張時など、週一くらいは使ってみた方がいいか。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

都会のシステムを紐解く

せめて自分たちの生き方が、場に何をもたらしているのか、注意深く考えたい。そこにヒントが見える。

今まで都会の暮らしは、多くのものが大規模な設備に頼っており、自分ひとり気を配ろうとも、どうにもならない部分があった。

例えば水。下水道を通って川へ、海へ。

汚しても専門の誰かが綺麗にするだろ的な甘えが、多くにあった。

でも、いったい誰が綺麗にしてくれるというの?現実は、汚れていくばかりだ。
皆が気にもとめていないから
汚れたものは見えない場所に、蓋をするかのように。

空気も土も。目に見えない。
風に乗って、どこまでも。

人が病んでいったのは、そうしてとうとう文明社会に人間ごみ捨て場が必要になったから。他に捨てる場所がなくなったから。

あらゆる医学や薬のたぐいは、一時的に症状を軽くはするのだけど…そんな次元はとっくに通り越してる。そもそも病の原因は、別のところにある。

根本にあるのは人々の暮らし方。それらの因果応報だ。
誰かのために自分を犠牲にする人が率先して、苦しみの中で彼らの暮らしを支えなければならなくなった。自らを破滅に追い込みながら…

水の汚れを引き受ける人々
空気の汚れを引き受ける人々
自然の痛みを引き受ける人々
社会の歪みを引き受ける人々

そうして実際に人口が減り、支える人々は年々死んでいってる。

まだ幻想を見ているかのようで。
ねぇ、そこに自分たちの未来はあったの?

きっと因果関係に気づけないことが問題。実際に外から見て、温度差を感じないと分からん所は多い。

世界のあり方は一つじゃない。
もっと自分たちのために見識を広めないといけない。

ただ生きることについてのシンプルな問い。
自分にできる選択肢を増やしていくほどに。
その中で自分の好きなようにできて、今はまだ小さな範囲だけど、目の前のことに確信を持てるようになるから。

そうして自分の人生を生きるとき、少しずつ集団の咎から切り離される。背負う義務などない。身体が羽のよう。

場が病んでる時、そこに従属してもどうしようもなかったの。これまでの過ち認めたくなくて、無理やり現状の正当性を貫こうとして…

嘘になる。

全ては結果が物語る。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)