洗剤 おすすめ・ランキング

おすすめ洗剤

おすすめは「浄 JOE」

善玉バイオ 浄-JOE-


そして食器洗剤や掃除に使う洗剤は以下の2つで事足ります。
基本性能が抜群にいいし、幅広い用途に応用出来ます*:・'゚☆

  • 重曹
  • クエン酸

洗剤の選び方

石油系の洗剤。抗菌。合成洗剤、蛍光塗料、衣類の〜菌をなんとか。
といったジャンルの洗剤は、あまり使わないほうが良いようです。
裏の成分表を見て、訳の分からない物質が羅列してたら手放しましょう。
(この手の商品で、エコとか地球にやさしいとか書いてても☓)

なぜかというと、下記の3つの弊害の出る恐れがあるから

  • 肌が荒れる
  • 発がん性物質を伴うことがある(しかも衣類に付着する)
  • 抗菌成分が、より強力な耐性菌を育ててしまう

特に抗菌洗剤は、耐性菌を生み出す恐れから商品の規制が必要で。
全米医療協会に於いては危険だ。と判断されたようです。
院内感染のほとんどの原因は、この耐性菌によるものらしい。

(これに関しての情報は出典を確認してませんので、各々で調べてください)


当サイトは、無理矢理な抗菌は必要ないと感じてます。
(善玉菌を育てていたら、悪性の菌の繁殖を防いでくれるから)

抗菌で善玉菌まで除去したら、誰が汚れや老廃物を分解してくれるのか?
菌を殺してしまうと、汚物が溜まって逆にマズいことになると思うのです。
だから川の水が淀み、清浄な生き物の住めない環境が生まれたのでした。

それは洗剤でも同じで、洗い立ては良いのですが。。
有機的な汚れが自然浄化されにくくなり、
汚れが溜まりやすくなる、といった弊害が出てくるようです。
アトピーの発症率もあがりますね?

衣類やお部屋、機材の痛む原因は、洗剤だったのかもしれません。
過去の過ちは、洗剤から正していきましょう(' '*)

最後までお読みいただき、ありがとうございます(' '*)

   

※ この記事がお役に立ちましたら、ぜひ皆さんにも広めてください.。.:*・゜

>> この記事をfacebookでシェアする