骨盤ダイエット 運動方法

骨盤は女性にとって美容の土台です。身体がゆがんでバランスが悪く見られている人は、骨盤を調整するだけでぐ〜んと綺麗に見られますよ!
それには、身体の中心軸を整えること。そして円運動を取り入れることです。

  • まず、中心軸を真っ直ぐにする。しゃきーん
  • 軸の支え以外の部位は脱力する。肩・腕・足。だらーん。
  • 動きに円運動をとりいれる。ぐるんぐるん。
  • 軸のみを意識、四肢は流れに任せた自然な動きになる。これで骨盤が整う

中心を意識した円運動で、骨盤を含む全身の歪みが正常に戻ろうと働きます。
(床の雑巾がけは、自然とこういった「骨盤を整える動き」になります)

なぜ中心軸は真っ直ぐでなければならないか?

例えるなら、でんでん太鼓。例えるなら竹とんぼの芯ですね。
真っ直ぐであれば綺麗な回転をし、エネルギーは無駄無く「叩く力」「飛ぶ力」に変わります。

もし軸が曲がってたら力が振れてしまう要因に、 竹とんぼは回転が不安定になって飛ぶ力は分散しまうでしょう。飛ばないばかりか竹とんぼ自体に余計な負荷が掛かり、壊れる危険が生じます。

軸が振れてしまうというのは、かなり無駄なエネルギーを消耗させてしまいます。 これが見た目が美しくない、という事です。或いは無駄な病のきっかけです。

なぜ軸が曲がるか?

軸が曲がってしまう要因の一つに、日々の生活に対するストレスが在ります。
無理をすること、やりたくないことをしなければならなくて人生を真っ直ぐ進めず、
自分に自信が無くなり、周りから閉じ籠ろうとします。

それが身体のラインが曲がる、といった外観にも現れてきます。

この状態が慢性化してしまうと、気づかないうちに猫背となる。。。
バランスが取れないまま、本来の力が発揮出来ない状態です。

背骨のラインが中心、真っ直ぐにしましょう

人間の背骨のラインが中心軸に相当します。まずは意識して正してください。
身体の中心軸は真っ直ぐ、その先が「空(真上)」に繋がっているイメージです。

そうして軸が整えば全ての動きが楽になり、血流の流れも良くなります。
結果的に疲れが取れやすくなります。ストレスも無くなります。
身体に無駄が無くなり、美しさと自信で溢れ、力が存分に発揮出来るようになります。

軸をしっかりと見据えていれば、色んな物に振り回される事も在りません。
自分の生き方や心の在り方に、強さと輝きが生まれるのです。

中心軸を定める骨盤ダイエット運動

身体の中心軸とその流れを意識しながら見てみると、イメージだけでも大分変わります。

【おすすめはこのダンス、この動き】

参考 ⇒ ヤーナリズムDVD


ダンスの動きを見たら分かるように、中心軸は一定の位置に保たれていますね。
この極意が美しさを産み出すと同時に、骨盤のゆがみを治す究極のプロセス。
中心軸を定めることで美しく、骨盤の歪みをニュートラルに戻します*:・'゚☆

(同時にウエストも細くなり、くびれが出てきます(o _ o。)...

脱力、流れに身を任せることで、軸が整ってくる

振り子のような動きをイメージします。支点のみしっかりと固定。軸はブレません。
そして作用点は力まず、流れるままに身を任せる。
すると作用点には、遠心力が自然に加わっていくのです。(力の増幅)
動きに波動が生まれ、その人を現す空間に美しい円が描かれます。

これが人間の、本来の動作の在り方なんですね。
振り子が動くには「支点を定める事」「繋ぐ糸がフリーである事」が必須。
もし糸がガチガチに硬かったら? ⇒ 動きません(o _ o。)
糸が脱力してるから、自然なエネルギーが加わって振り子の効果が高まるのです。

骨盤を整えるポイントは、中心を定め、それ以外の部分が脱力状態になること
身体はしなやかで余計な力の全く入ってない動作です(。◕ ‿ ◕。)☆
力を抜いて自然体になることで、遠心力によって円の動きが再現され、自ずと中心軸が整ってきます
すると自然な動作が促され、美しい動きができるようになるでしょう。



美しさとは、円であり、調和であり、自然体であり、芯の通った軸にあります。
でんでん太鼓、虫笛、竹とんぼ、風車、剣玉、お手玉。
軸が真っすぐだと綺麗です。昔なつかし遊具に、美の秘訣が隠されている。

⇒芸術的なまでに昇華すると...


(シルク ド ソレイユより)

洗練された動きは、まさに芸術美。
間近で見れば、惚れ惚れすると同時に、目の前で圧倒されることでしょう...

まずは、こういった動きが出来ると認識するのが始まり
そしてこの感動を、みなさん自身が再現することは可能です
ぜひ、軸と円の動きを取り入れてみましょう

最後までお読みいただき、ありがとうございます(' '*)

   

※ この記事がお役に立ちましたら、ぜひ皆さんにも広めてください.。.:*・゜

>> この記事をfacebookでシェアする