玄米ハンバーグ 作り方

(玄米ハンバーグ)
※ベジガーデンさんより
玄米ハンバーグ材料
玄米ハンバーグ

【分量】(6枚分程)

蒸し人参
40g
蒸し玉ねぎ
130g
蒸し椎茸
50g
玄米ご飯
150g
オートミール
1/2カップ
ゆで金時豆(大豆)
1カップ
胡椒
少々
ナツメグ
少々
成形用 菜種油
少量

【ハンバーグソース】

きのこ
適量(仕上げに入れる)
玉ねぎみじん
小1個分
ニンニクみじん
小1片
天然塩
少量
醤油
大3
みりん
大1

【所要時間】

下準備
料理時間

ハンバーグソースを作っておく

  1. ニンニク1片、玉ねぎ小1個をそれぞれみじん切りにする
  2. 鍋にニンニクみじんを入れ、弱火で香りが出るまで軽く温める
  3. その後玉ねぎみじんを入れ、軽く塩をし、弱火でじっくり火を入れる
  4. 透明感が出てきたら、みりんを加え煮る、その後しょうゆ。
  5. 総計で1時間ほど火を入れたら完成(じっくり弱火で)
  6. 冷蔵庫などで1ヶ月間くらい日持ちします

玄米ハンバーグ 作り方

  1. 野菜の重ね煮を作る
  2. 具材を全てフードプロセッサーにかけ、よく混ぜる
  3. ハンバーグ型に成型する
  4. よく熱したフライパンに油をしき、両面を弱火で焼く
  5. 器に盛り、ソースを掛けて出来上がり

簡単ですね.。.:*・゜
それでは、順に解説していきます('▽')⌒ ☆

野菜の重ね煮を作る

鍋の底から准に、天然塩少々、しいたけみじん、玉ねぎみじん、人参みじん、天然塩少々。を重ねて蓋をし、弱火でじっくり火を入れる。
野菜の水分から、低温蒸しを実行する感覚です。

おおよそ10分間。

野菜の重ね煮 重ね煮出来上がり

フードプロセッサーにかける

材料をフードプロセッサーにかけます。すり鉢でも代用可能。
おおよそ右の写真くらいまで細かくします。ゴムベラがあると便利。

茹で金時豆を入れることで、本物のハンバーグと近い色合いに('▽')⌒ ☆
オートミールを入れることでハンバーグとしての繋ぎになります。

金時豆 フードプロセス 細かくなっていく ハンバーグプロセス

ハンバーグ 成型

成型の際は、手に油を少量馴染ませてください。

最初にハンバーグの種を適当な大きさに分けます。
次に両の手でキャッチボールしながら中の空気を抜き、小判型を作る。
そして中央を若干凹ませて成形完了。

ハンバーグの種 中の空気を抜く ハンバーグ成型

(右の状態で冷凍しておくことで、いつでもハンバーグが焼けます('▽')⌒ ☆)

ハンバーグ 焼き方

よく熱したフライパンに大さじ1の菜種油を入れて馴染ませる。
そこに弱火から、じっくりとハンバーグを焼きます。
焼き目が付くまでこんがり、弱火で焼く。
焼けたら裏返し、両面に焼き色を付けていきます。

フライパンに油 弱火でハンバーグを焼く 油をハンバーグの下に ハンバーグを裏返す

ソースのデグラッセ

フライパンにはハンバーグの旨みがたっぷり残ってます。
なので、その上でソースを作る('▽')⌒ ☆

キノコに火を入れて、ソースをかけて弱火で煮詰めていきます。

このこを焼く オニオンソース デミグラスソース

ハンバーグ 盛り付け

玄米ハンバーグ
盛りつけて完成です(。◕ ∀ ◕。)ノ
良い感じに仕上がってますね(' '*)


今回は玄米をベースに仕上げましたが。
これが豆腐ベースのハンバーグになったり。
おからベースのハンバーグになったり。

少し変えるだけでアレンジできてしまいます。
おからハンバーグの肉なしも同様。

こんな感じでお造りください。


最後までお読みいただき、ありがとうございます(' '*)

   

※ この記事がお役に立ちましたら、ぜひ皆さんにも広めてください.。.:*・゜

>> この記事をfacebookでシェアする