酵素(寝かせ)玄米おすすめ炊飯器

なでしこ健康生活
商品名
なでしこ健康生活
定価
59,800円
容量
6合(玄米炊飯時は4合まで)
寸法
26.0×37.0×高さ25.7cm
重量
5.4kg
消費電力
炊飯時:890w
保温時:105w
電源コード
AC100V、長さ1.63m
製造会社
㈱ジーエムピージャパン

【各ショップで特典が選べます】
販売店Aの特典 販売店Bの特典 amazonで探す

炊飯器選びのポイント

酵素(寝かせ)玄米を作るのに、炊飯器選びの最も重要なポイントは「消費電力」!

一日中保温することになるので、保温時の消費電力を抑えることが最重要。 まず月々の電気代が大きく変わること。あと電磁波の影响を少なくすることにも繋がりますね。

「なでしこ健康生活」※1時間の保温時消費電力は「11.3Wh」
【参考URL:http://www.hatsugagenmai.co.jp/nadeshiko/
なでしこ健康生活 スペック


「象印 圧力IH炊飯ジャー極め炊き」※1時間の保温時消費電力は「15.7Wh」
【参考URL:https://www.zojirushi.co.jp/syohin/ricecooker/npwu/page06.html
象印 圧力IH炊飯ジャー


「Panasonic 可変圧力IH炊飯ジャー」※1時間の保温時消費電力は「14.4Wh」
【参考URL:http://panasonic.jp/suihan/p-db/SR-SPX105_spec.htmlPanasonic スチーム&可変圧力IH炊飯ジャー

なでしこ健康生活の口コミ

その点「なでしこ健康生活」は消費電力がかなり抑えられます。
酵素玄米を炊く人の事を考えた親切設計な炊飯器です。

  • 炊飯時の圧力加減(沸点118℃設計)
  • 保温の際の消費電力を極力抑えた形である点
  • 内釜の素材に拘ってる点
  • 容量が6合まで、少し大きめである点
  • 電磁波が心配なIHではなく、マイコンなのも重要な点

酵素玄米を作るにあたって、これらの点がどのメーカーよりも優れます(2015.10月時点)
そのため、筆者一押しと判断した酵素玄米炊飯器がこの「なでしこ健康生活」。
今まで低温蒸し器で寝かせ玄米を作ってましたが、家族が増えたのを機に購入に至ります。

6合の容量はどれくらい?

容量は保温時で6合までです。どれくらいの量かというと...
1日2食を酵素玄米、およそ3人家族までなら、3日で1回転くらい。これ1台で足りる。
(6合保温の状態から、1日毎に食べた分を2合ずつ継ぎ足す感じで)

参考URL
なでしこ健康生活の概要
寝かせ(酵素)玄米の作り方

内釜を+追加で買うと、寝かせ玄米の継ぎ足しが楽に

内釜がもう一つあると便利です。寝かせ玄米を保温中でも、一時的にもう一つの内釜でご飯炊くことが出来ます。

なでしこ健康生活 内釜
⇒ 販売店Aで内釜の追加購入可

⇒ なでしこ健康生活 内釜別売り


寝かせ玄米は、もう一つの内釜で十分に吸水〜発芽させた後、玄米モードですぐ炊き始めるといいでしょう。そして、前回分を上に被せて保温続行!


一升炊き保温ジャー

消費が追いつかない場合は、一升〜炊きの保温ジャーを選ぶ手もあります。

参考 ⇒ 一升サイズの保温ジャー一覧


なでしこ健康生活の特典一覧

販売店によって価格や特典が様々。お好きなところから購入すると良いと思います。

販売店Aの特典
自然栽培玄米5Kg + 玄米酵素ブレンド4合炊き2回分 + 佐渡のみしお50g + レシピガイドブック付
販売店Bの特典
10年保証、特別栽培玄米1Kgプレゼント
amazonで購入
価格がお手頃


最後までお読みいただき、ありがとうございます(' '*)

   

※ この記事がお役に立ちましたら、ぜひ皆さんにも広めてください.。.:*・゜

>> この記事をfacebookでシェアする