都会のシステムを紐解く

せめて自分たちの生き方が、場に何をもたらしているのか、注意深く考えたい。そこにヒントが見える。

今まで都会の暮らしは、多くのものが大規模な設備に頼っており、自分ひとり気を配ろうとも、どうにもならない部分があった。

例えば水。下水道を通って川へ、海へ。

汚しても専門の誰かが綺麗にするだろ的な甘えが、多くにあった。

でも、いったい誰が綺麗にしてくれるというの?現実は、汚れていくばかりだ。
皆が気にもとめていないから
汚れたものは見えない場所に、蓋をするかのように。

空気も土も。目に見えない。
風に乗って、どこまでも。

人が病んでいったのは、そうしてとうとう文明社会に人間ごみ捨て場が必要になったから。他に捨てる場所がなくなったから。

あらゆる医学や薬のたぐいは、一時的に症状を軽くはするのだけど…そんな次元はとっくに通り越してる。そもそも病の原因は、別のところにある。

根本にあるのは人々の暮らし方。それらの因果応報だ。
誰かのために自分を犠牲にする人が率先して、苦しみの中で彼らの暮らしを支えなければならなくなった。自らを破滅に追い込みながら…

水の汚れを引き受ける人々
空気の汚れを引き受ける人々
自然の痛みを引き受ける人々
社会の歪みを引き受ける人々

そうして実際に人口が減り、支える人々は年々死んでいってる。

まだ幻想を見ているかのようで。
ねぇ、そこに自分たちの未来はあったの?

きっと因果関係に気づけないことが問題。実際に外から見て、温度差を感じないと分からん所は多い。

世界のあり方は一つじゃない。
もっと自分たちのために見識を広めないといけない。

ただ生きることについてのシンプルな問い。
自分にできる選択肢を増やしていくほどに。
その中で自分の好きなようにできて、今はまだ小さな範囲だけど、目の前のことに確信を持てるようになるから。

そうして自分の人生を生きるとき、少しずつ集団の咎から切り離される。背負う義務などない。身体が羽のよう。

場が病んでる時、そこに従属してもどうしようもなかったの。これまでの過ち認めたくなくて、無理やり現状の正当性を貫こうとして…

嘘になる。

全ては結果が物語る。

» いつも応援ありがとうございます(' '*)
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*