自然の味、素晴らしい

ほうれん草の胡麻和え

自然そのもの本物お野菜は….
そのままで美味い!!!

炊飯器80℃の適温調理で下蒸ししたほうれん草と人参。
煮汁に良い出汁が出とる!!
そこに味付けはしょうゆとごま油だけ。
なんとシンプルに美味いんだ!!!
彩りも素晴らしい(‘ ‘*).。.:*・゜

 
農家さんに感謝です。
うちでも今年から、こういう野菜作ってくね!


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

サプリにはアイデアが一杯詰まっとる

本日、仕事関係でサプリの商品販促説明会に出席した際
そこで「黒にんにく」を原料に使ってる商品を知る。

黒にんにくとはなんぞや?(‘ ‘*)

 
蒸して熟成(。◕ ∀ ◕。)ノ

おおお、家でも出来るじゃね0か。

 
既成品のカレールーに
カレーのレシピが描かれてあるように…

カレーの元は
(小麦粉、油、果糖、カレー粉)…笑

サプリにも、各々レシピが存在するわけだな。
簡単に、お家で作れてしまうような…な。

 
発酵の基礎は、米のとぎ汁乳酸菌で倣った(‘ ‘*)
http://goldenflower.jp/cooking/column/b1-nyusankin.html

食べ物に含まれる有用微生物や酵素を、ミネラル水で密閉放置するのだ。
そしたら、勝手に動く。酵素が、食材を分解し、熟成させる。

 
もういっちょ、発酵熟成方法がある、70℃放置法だ。
http://goldenflower.jp/cooking/recipe/0-kousogenmai.html

 
まぁ、寝かせ玄米の応用だ。
 
黒にんにくは、70℃くらいで数週間放置。
黒玉葱も同様、つまりこの2つは、一緒に作ったほうが良いだろう。

もう一つ、発酵しょうがなるものもあった。
これは、一緒に70℃で数週間放置というデータは無かったが
もしかしたら、一緒に入れてもいいかもしれない。

もしくは、70℃蒸しで1時間くらいしたあと、すりおろして瓶詰めで少量の黒糖(or蜂蜜)と水で密閉保存だ。1週間くらいで発酵してくるはずだ。

 
玉葱、にんにく、生姜。
この3つは、料理の万能ソースたる基本の薬味だ。

絶対に相性が良い。仕込むなら一所が良い。

 
にんにくが発酵途中でスゴイ匂いがしてくるのも
あの子(にんにく)が寂しがってるせいではなかろうか?
玉葱も、しょうがも一緒にしてあげるのだ。

そうすりゃ、皆で仲良く発酵するに違いねぇ(。◕ ∀ ◕。)ノ

 
次回、黒玉葱、黒にんにく、発酵生姜の作り方。のレシピを上げようと思います。

1ヶ月後くらいだな。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

あさりの70度蒸し

あさりの70度蒸し

あさり70度

あさり70度蒸しで殻が開くまで蒸すの。
40分くらいで蒸し上がった。

あさりの70度蒸し

これくらいの温度で蒸すと、身が縮まらずにおいしく食べられるのです。
あと良い出汁が出るよね。
大きめのボールに少し被るくらいの水を張って蒸しました。
美味しそう(‘▽’)†

この蒸し器使ってます ⇒ 低音スチーミング電気鍋

明日はあさりご飯とあさりのお味噌汁作ります♪
O(≧▽≦)O


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

地獄蒸し

地獄蒸し料理を味わいに別府までいってきたった。
温泉成分で蒸したら、食べ物ぜんぶ美味しいよ~。

お家でもできるかな~と、岩塩溶かして蒸してみた(‘▽’)⌒ ☆

 
こんなふうに

低温蒸し

 
うめ~!! まんま地獄蒸しだった.。.:*・゜


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

かぼちゃの煮物

試しにかぼちゃの煮物を造りました。
かぼちゃは、一度冷凍したものを使用。

身がいい感じに解れて、味が染みやすくなるみたいです。

かぼちゃのクリーム煮

《使った材料》
かぼちゃ(80度蒸し⇒一口大カット)
人参(70度蒸し⇒小さめカット)
いんげん(70度蒸し⇒小さめカット)
小夏の皮(50度蒸し⇒みじん切り)

精進だし…少量
豆乳…材料に絡まる程度
塩…少々

材料を全て合わせて、弱火で煮るだけ(。◕ ∀ ◕。)ノ
温度が高くなり過ぎないように調整。

簡単にできちゃいます*:・’゚☆

 

 

小夏のさわやかな風味が、夏の豆乳を駆け抜けるかぼちゃ人参の味.。.:*・゜
インゲンが緑の鮮やかさを演出(‘ ‘*)

簡単におかずができちゃいました。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)