制約からの解放

色んな制約。
外さなきゃ、始まらない。

日々のやるべきこと
今月のやるべきこと
今年のやるべきこと

減らさなきゃ始まらない。

「支払う」ということは、それだけ稼がねばならんということ。
大抵は時給800円の世界。人生の残り時間を削るということ。明日生きるために今日の人生を棒に振る、お金に縛られるとそうなる。

保険、年金、税金、経費。
稼げば稼ぐほど額が増えて、波も激しくなっていく。

自分自身でコントロールが効かなくなる。そうしてやっと稼いだお金も、所詮は他者の商品やサービスにしか替えられない。

自分の人生を犠牲にして、他人のシステムで生きる。日々、違う誰かのルールにそって生きる…どんな気持ちだろう…

毎日が日曜日なのを、良いな。って言う人がいた。全員そうなんだろうなって思った。

早く自分を解放するべきだと思う。

都会は便利なのだろうか?
既に生きる環境が用意されてる。
電気もガスも水道も、色んな設備が充実。楽ちん。
しかし、その分家賃は万額だ。最低でも月五万…
一月ただ寝る場所を確保するにも、活動時間に換算して60時間の命を支払わねばならない。
で、一日に働くのは8時間くらいが限界だから、ひと月に一週間が家賃で消える。

人生残り四分の三。

年金、保険は給料の四分の一持って枯れる。一週間消える。

人生残り四分の二。
これだけで40年死んだ。

さてここから車、年間の保険料、車検。高額すぎて厄介ね。
もちろん水道光熱費、食費…スマホ代

家族や子供も居たら、学費とか医療費とかもとんでもない。
働いた残り時間は、寝て過ごす?
家族サービス???

自分の残り時間どれくらい?死んだかな?
いったい何のために生きてたのか…

月々に支払うものが増えるほど、命は削られていく。家電も次々新しいのが出る。色々買い換えなきゃ。もう勘弁だ。

だから、解放さらる生き方を選んだ。
何もかもが一から、自分で築き上げていく人生にした。

人里離れ、辛うじて電気は通る小屋に、他は何もない。
水道はない、自然の雨水と湧き水。
ガスはない、炊飯器ですべて。
スーパーはない、食べ物は自分で育てる。
風呂はない、水浴びか近くの温泉で。
車はない、移動は自転車で。
ストレスもない、すべてが自分の思うまま。

最初は食べ物も調達しなくちゃならないが、これで、一ヶ月に3万円生活が可能となった。

バイト40時間、賞味5日間働けば25日が休日だ。

その自由な25日間で、自分の生活に関わる全てに取り組み、住み処を充実させることが可能となった。10年後、私はまるで違う世界に居るだろう。

自分で育てた作物は格別だ。
もはや店で買うのがバカらしくなるくらい素晴らしい物ができる。
あれは収穫速食べられるのが◎だ、自分でどう食べるのかを予め予定して育てることで、そのように実ってもらうことができる。格別に美味い。

食べ物は健康の源。
金には替えられない。
この味、自分で生み出す日々の糧、生きる喜びは金には替えられない。

子供の教育も、生きていく知恵を身につけるためであるなら、日々の生活の中に学ぶべきすべてが在る訳で、わざわざ高い学費をかける必要がない。

ほら、子供たちに明日から毎日夏休みだよ!!って伝える。素晴らしい世の中になる!親も楽。先生いらない、社会から余計な仕事減って素晴らしあ。

さぁ、会社もたたもう!
収支計算も社員管理も面倒だろうよ。
平均的な給与月20万として、その内5万が年金保険に消えるとか、いやそれ一ヶ月以上まるまる生活できるやんアホか。

みんな働くの激減させれば、税金や保険関係の仕事が消える。
素晴らしあ、

健康、自給自足の生活してればかなり改善される、ぉあ福祉が減る。素晴らしあ。

人々が余計な仕事しなくなる、ストレス減る、病気減る、ゴミ減る、空気綺麗。

他人の生き方は、文明社会の模範とする生き方は、もはや問題だらけだ。一人ひとりの理想とする生き方にはほとんどそぐわない。ドブに捨ててよろしい。

自分を貫く、周り気にしない。
自分で何もかもをどうにかする限り、誰にも何者にも自らを制限することは叶わない!

私はダメ人間であるから、解放できるのは自分だけ。もう他は知らない。理解も要らない。

これからは先代の土地が私と共に生きてくれる。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

人を馬鹿にするとき

馬鹿には二種類ある。

単にバカなのか。
本当にバカなのか。

人を馬鹿にするとき、笑って馬鹿にできるようなら、その対象は侮ってはならないバカの皮を被った何か。

人を馬鹿にするとき、いたたまれない程悲惨な気持ちになってしまうとき、それは本物のバカ。

人間には二種類居ることを知った。笑える人間は幸せだ。ある意味悲惨だ。

私は笑える人間でありたい。
そのときは私がバカであり、周りが馬鹿じゃないということだから。頼れる仲間に囲まれて暮らしていけるのだ!


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

健康に生き抜く意志が、祖国に光をもたらす

うちには水場がある。
そのままで生きた水。とてもおいしい。

しかし、隣の畑は農薬をときどき撒いているようなのだ。
そのとき、水場は汚染されてしまう…

 

敷地を陸続きとみなした場合
まさに自分の首を自分で絞めているようなものだ。

分かりやすくは農薬によって。
大きな話で言えば、もはや大惨事の放射能汚染によって・・・
自然に仇なすは、結局は自身の健康を害すのだ

 
そりゃ制御出来んほど大掛かりな生産なんてしたら
土のミネラルバランス崩れて虫とか自然の害が出ますわな。
現代社会、経済主義に合わせて仕事すると、そうなる。自然に合ってないもの。

で、害に対して農薬とな…

 

自然の恩恵で生きてるのに、自然の摂理に反することをする。死の匂いね。
そういった現代社会は呪われており、現代社会の汚染に準じた仕事をする時、自らもまた呪われるわけだ。

農薬を使わないと仕事にならないだって??生きていけないって思い込み。
そもそも根本的な部分で、自分たち大地を蔑ろにしてるではないか!
自分たちの生命線を軽んじてるではないか!!!

 
気づかない…呪いは、弱い部分にじわじわやってくるから。
世の中で言えば、弱い人間。。。子供や赤ん坊、抵抗力の弱った病人となって生まれてくる。健康でなくなった人が増える。

現代社会の常識「例)コメつくるなら農薬マく」によって、自然の生きる本質を分かりづらくさせられてるなら。
教育によって間違った知識を植えこまれるような世界なのなら…傷ついた個々の人間は、どうやって未来を生きれば良いのか!??

 

簡単な話なんだ。
 
子どもたち、個々、一人ひとりが健康に生きることを再優先に考えるようにすればなのだ。
自分の弱った身体を通して苦しみを感じ取れるなら、どうすれば楽になれるか!どうすれば健康になれるか!探ろうとできるんだ。

親や世間の言うことなど意に介さず、周りなんて目もくれなくていい。
そもそも周りが間違ってることを、自分の身体が自覚している。
自分が、自分自身が!病に苦しむ自分自身が!如何にして十全な身体を取り戻すか!
そのことだけを考えて、そこだけに全力を注ぎ込みゃいいんだ。

不自然なことが色々見えてくるように成る。
大人たちはわからないだろう!自分で苦しみを自覚することがないのだから。
苦しみを、間違いを、自覚した人間だけが、そして生きることを諦めていない人間だけが、よりよい正解の道を探ろうと懸命になれる。

 
遠慮なく、自らの正解の道を歩め。
周りを突っ切って十全な健康体を目指し、自分独自に進め!

その先に自らの光が見出だせる。ついで土地を生き返らせるヒントを露わにできる。
ゆくゆくは、まわりの土地に光をもたらすことになる。

 
生き抜く覚悟を持った子個の能力と可能性を舐めてはならぬ。
子供も、病人も、何も出来ないひな鳥のような、か弱い存在ではない。

 
生き抜く覚悟を持て。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

輪から外れる覚悟を

人は一人では生きていけない

という人が居た。

 
実に、現代社会で錯覚させられてることの一つである。
なぜ誤った考えであるに関わらず、そう言われてるのか?

そう思い込ませると、より経済が回るからだ。
(電気が自給できません、水道は国に依存です、ガスは業者だよりです、生活必需品、家具家電はお店やメーカーさんだより…)

ほら一人で生きていけません!!!!
って、現代社会のシステムがそのように作った。
依存させれば、その分だけ仕組みを作ったトップに金が流れる。景気〜〜〜

まぁ経済まわっても一般市民にはあまり良いことないっす。

 
経済社会は、仕組みを作ったトップが潤うためのもの。
そこに準ずる一般市民は、割りと良いように搾り取られます。物欲の奴隷として。
そして、教育でさも美しい言葉で子どもたちに教える。

「人は一人では生きていけません、皆は助けあって生きていきましょう。集団の場を乱すような行動は謹んで、一人は皆のために、正しく生きよと」
 

おっしゃってー。
だから現代人の多くは、社会の輪(仲間の輪)からはずれることを極端に恐れるようになってた。

でも、こんなん茶番。

 

実際は、人は一人で生きていくだけの能力が最初から備わってる。
一般常識まるっと無視して、自分独自の生き方を自由に描き出すことができる。
あらゆる社会の無駄が省かれ、自らのスマートで自由な、十全な暮らしぶりが遺憾なく発揮されるわけだ。

 
先日、土地を購入し、小さな小屋で新しい生活がスタートした。
もう家賃とはおさらばだ。自給自足に十分な広さの土地も確保。

水はとても綺麗な井戸水。
電気もゆくゆくは自給するであろう。

そして、この生活設備をベースに
http://goldenflower.jp/homemaking/0-emergency.html

 
炊飯器2台で

酵素玄米とお味噌汁が常備。
ポットでお湯も沸く。

一汁一菜がいつでも食せる便利っぷり。

菜園が未だ手つかずで、最低限の暮らしが保証されるのだから

数年後、数十年後はさらに豊かな実りを産むぞ。

まぁ現時点いくらで生活可能かの??

 

今の時点で月に数万で生活可能じゃな。

突き詰めるほど0に近づけられる。

買うんじゃなくて、自分で創る。

そこには創造の喜びがある。

自分のために、あらゆる無駄を省き、望む形のまま、思い通りに

創造することができる!

 

大切な人への贈り物だって

自分で丹精込めて作った作物や工芸品の方が

はるかに気持ちが伝わる。

 
創造。創造の始まりじゃ。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

孤立無縁

集団の中で、無意識に輪から外れる行動をとる。
このとき思った、自分には他に行きたい世界があるのだなと。

一時の孤独を恐れて、その場に合わせていても何もならん。
自分を貫くことで、本当の人生と出会いが見えてくるものだと納得。

必要なのは本気度か。

自分を貫こうと独自路線を突っ走ったとして
例えば樹林が育ちきるまで何十年。孤独に耐えられる人とか、居るのか?

心の強さが試されるようd


» いつも応援ありがとうございます(' '*)