人付き合いは駆け引きらしいが

という論。

物語や小説などで、登場人物たちの駆け引きをみると
なるほど、そういうものか!と見えてくる部分もあった。

 
何かしら思惑があって、人は行動する。
人と人が出会う時、一つの思惑ともう一つの思惑が交錯する。

 
駆け引き。

 

想ったことを言う。
こうしたいを言う。

片方はそれを聞く。
片方を聞いて思う。

それは何か?
何のためか?

自分にとって
・賛同できる…
・どうでもいい…関わりたくない…もしくは
・無理…相対する意見の場合はどうだ。

 
考える間もなく、反応を示すだろう。

 
 
正直なとこ、あれやこれや考えて話すのはめんどくさい。
最初に結論有りき。そこに至る道筋は幾分にも有り、強い意志で押し通す。

それくらいの、自己の強さが欲しい。
信念を貫く、何が何でもやり通す意志。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

自分に責任を持つ

自分のやりたい人生を歩む時、自らに責任が果たせる。

 
 
意にそぐわない選択は、人のせいにする要因。
これが、だいたいの理だと判った。

 
意にそぐわない人生を送ってる人は、誰かに責任を問いただす人は…
無意識にだろうが、自分を捨ててしまってることを自覚しなければならんのではなかろうか。
ほんとうの意味で何とかできるのは、本人しか居ないのに。

方法がわからないのか?
それとも自覚がないのか?
 

もしかしたらとっくに気づいてたんじゃないか…

 

 
やりたいことを、阻むもの。
誰かに対する責任感。そんなもの最初からない。
どんなときも、責任を果たせるのは自分自身に対してだけ。

 
自分自身のしてきたことが、今結果としてある。
すべての人に、それが当てはまる。
自分のことは自分で何とかするのだ。

 
自立できない状態での[他人への気遣い]って、実にエネルギーの無駄遣い。
そういうの、わりとズレありまくりで無駄無駄無駄。

集団社会の恐ろしさよ… 私自身の戒めよ。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

人を見る

そのままで受け入れられる人もいるし、
そのままで無理が生じる人もいる。

 
全員が全員、ありのままで分かり合えるつもりでいた。
そんなことはなかった。

よく人を見なければ。

賛成 or 無理 or どうでもいい

 
今まで、接する人に対してどうでもいいが多すぎたんだ。
よく見なければ。賛成できる所は賛成。無理な所は無理。はっきり伝えなければ。。。

全体を見て、人を見ず。
人を見て、全体を見ず。

両方の視点を交互に切り替え。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)