彼女の苦しみ、子どもたちの苦しみ

彼女からこんなことを云われました。

 
「身なりをきちんとして欲しい」

 
ボサボサの髪
ねぐせ
ひげ
たまに鼻毛
また同じ服

 
(‘ ‘*);;

 
曰く、外見に無頓着すぎだったようだ。 
確かに行き過ぎな部分はあったかも。

 
「ピシッとすれば、あきさんだって少しは見れるのに!」

 
気が気でない様子、どうも余計な心配をかけておったのだ(‘ ‘*);;;
申し訳ない!

 

ちな、うちは全く外見に気を使ってないわけではなく。
むしろ、ある面ではかなり気を使っている。

ボサボサの髪はトレードマークだし
寝ぐせはその日の芸術品(。0 _ 0。)ノ

ひげは勝手に伸びるダンディな象徴で///
鼻毛は外の空気が汚れていることを素直に教えてくれる

服は、黒一色あればいい(。0 _ 0。)ノ

 
そんな感じだ。

 

こういう自然(?)な状態から
如何に地力、素の美しさを磨いていくかに余念がないのじゃ(。0 _ 0。)ノ

(笑)

 

 

話変わるけど、うちは彼女に「すっぴん」が断然イイと言っている。
実際、あの子はそのままで実に綺麗な顔立ちなんだ。
安易に化粧しないほうが、素の魅力がそのまま見れて美しい。

で、素をそのまま見れるからこそ、その子の内面もクリアに見れるようになって
何をすれば肌(心)が喜ぶのか、何が足りないか、或いは過剰なのか、
はっきりと見て取れるようになる。

その子の状態に合わせて、ちょうどいい塩梅で料理が作れたり、お茶を入れたりできるわけ。あるがままをさらけ出してくれたら、それにピッタリな暮らし方を提供できるんだ。

 
うちの出来る範囲ですらこうなのだから、
素直になれば、もっと関わり深い方たち、動物さんたち、自然さんたちから得られる恩恵は、もっともっと素晴らしい物になる。自分に見合った恩恵を、たくさん受け取れるようになる。

だからある意味、ありのままの方が素晴らしいんだ。

 

再び、自分の事に話を戻すと
確かにひげが残ってたり、鼻毛が伸びすぎたりするのはだらしがないと思う(‘ ‘*)
でも、自然体で無頓着な自分にとって、伸びるのは自分がケアしないせいではない!

ムダ毛が伸びるのは、まわりの空気が汚いせい、生活を脅かすものに溢れてるせいなんだ。
だからこのままではいけない!!!と、自分に意志が働く。

樹を植えるんだ。
水を綺麗にするんだ。
広い庭園を持ち、かつての楽園の記憶を再現するんだ。

 
そうすれば、汚れた空気から鼻毛を伸ばして身を守る必要がなくなる。
ヒゲを生やした攻撃的な外観にする必要もなくなる。

清浄な霧の中では鼻毛が伸びないし
水がそのままレーダーになるので、ムダ毛を生やす必要も殆どない。
そして、水の中では肌がいつまでもみずみずしい!

 
これがかつての楽園がもたらしてた、人間本来の美だ。

 

自分が、パッと見だらしがないのは、その姿を夢見ているから。
ありのままを見せることで、望みに対する明確な答えを「自然」にお願いしてるんだ。
周りからどんなに下に見られてもバカにされてもいいから、恩恵・効能・アドバイスをしっかり頂く。
周りの目も気にせず、自分を貫いている。

広い庭園、樹と水を育む場所、助けて欲しい。

 
ずっと、そんな願いを持ち続けながら。

「今日の寝癖はダンディだぜ(。◕ ∀ ◕。)ノ」

 
的なことを思い浮かべて、外出している(‘ ‘*)
(それでも最近は、確かに行き過ぎであると諭され、とりあえず外見の末端にも気を使うようになった)

 
 

たぶん、彼女にこんな話をしたら…(笑)
 

 

 
 
 
 

 

「まぁ、素直が一番だよね?」ってことで納得してくださ.。.:*・゜

 

で、冒頭に戻ります。

 
先日彼女からこんなこと言われました。
とても核心に迫る話をしてくれました。

 
「お願いだから、身・だ・し・な・み!」

「私が、あきさんにこんなこと云うのは、周りの目があるからだよ!? あきさんお仕事してるでしょ? 第一印象が大事なんだよ。取引先を決める時、同じような能力と見積もりだった場合、最終的に人はどこで判断すると思う? 外見なんだよ! 身なりがキチンとしてるかどうか、それが細かい部分にも現われるでしょ。あきさんは大丈夫だって言ってるけれど、お仕事して私たちを養っていかなくちゃいけないんだよ。そんな格好だったら、お仕事大丈夫なの?!って、私たち親族にも納得してもらえない。余計な溝が出来ちゃうかもしれない。それに今は親しい人たちが周りにいるからイイけれど、もし知らない土地に引っ越した時、あきさんがそんな格好だったら…第一印象が悪くなったら、世間の目が、それが奥さんになる私にも、私たち家族全体にも関わってくる問題なんだよ…お願いだからちゃんとして!」
 

 

。。。

 
この時、ハッとしたんだ。
彼女の感覚、彼女が今まで生きてきた世界の苦しみが、以前より明確に感じられるようになった。なぜって、それを言われた時、頭で理解しながらも、何か矯正されてるような、微かな苦痛を感じたから。

他人の目なんて気にしなければいいのに〜。って思ってたのが。
逆の立場ではこういう感覚だったんだ!

 
 
彼女はいわゆる、普通の子。世間一般の常識的な子。
その中で、正しくあろうと頑張り続けた子。頑張って普通に生きようとして。
でも頑張りすぎて、本当の自分が分からなくなって、何となく居場所を無くしかけてた。

助けたいと思った。

 
 

彼女の常識では、そういう生き方しか知り得なかったのも頷ける。
この時代、生活のために、会社で働いてなんぼ!というのを信じて疑わないのは、大多数がそう。いい大学を出て、いい就職のために、資格の勉強をして肩書を揃えて、常識?も学んで、身なりをきちんとするのが当たり前って。そこでしか判断されないから、そこをきっちりするしか無い!と。

彼女は「化粧をするのは鎧」って言ってました。化粧をすることが「社会人」で在るための責務だと思ってるような(どうだろう?)余裕が無い中、化粧品代に余計なお金を使わねばならないし、少なからず肌に負担も掛かる。毎朝の出勤準備に膨大な時間を割かねばならなくなる。本音の顔を化粧ごと覆い、いつも笑顔を矯正されて、心を追い込まねばやっていけないような不条理。

会社勤めの世界では、こういうの当たり前の常識?

(生きてくために必要だと思い込まされてる?)

 

だけど実は、常識というのは狭い考えだというのを、自分で仕事してみると痛感する。
インターネットで情報がフリーになった今、常識にも色々あることを顕著に見て取れる。(住む環境を変えれば、自分の常識なんて、取るに足らないことだと気づく)

常識にも色々ある。
自分の場合、コレまで周りの目を気にせず生きてきたし、格好はロクでもないが、周りから嫌われることなど無く、むしろ、皆さん親切に良くしてくれる。仕事も廻してもらえる。。
無理は必要ない、矯正されて苦痛を感じるくらいなら、自分はありのままのスタイルでイイのだ。これからも、彼女に信頼されながらテキトーに生きてくつもりだ。

素直に本性さらけ出したほうが、周りに理解される。
そして、こんな自分にはフランクで楽な仕事が舞い込んでくる。

俺には、それくらいがちょうどいい。

 

雇われの人は錯覚するかもしれないが、最終判断する社長の感性は違うんだ。
社長は、世間の常識では「人」を判断しない。独自の感性で「人」を視ている。
素直であること。或いはその人の能力(資格の有無じゃない)や性格を見て、自分の会社に欲しいかどうか。

ただそれだけの、すごく簡単なこと。

 
自分ですら、こんなでも仕事の話は舞い込んでくるし
うちの会社で働かないか?と、稀にスカウトも受ける。

こんなテキトーな人となりで。。。

 

だから、世間一般の言うことは案外あてにならない。
世間の不条理な部分って、ただの思いこみ。
 
 

 

あの子の今までが、実にそういった固定観念に囚われた環境にあったから、一家の大黒柱が一生健命に働いているから、自分も将来あんなふうに真面目に働いて、家族を安心させるんだ!って。周りに気を使い、両親や親族たちに心配かけないように!って、正しく在るように!って。自分を偽り続けるしか無かったんだろうって思う。いつの間にか、それが当たり前になってたみたいだったし。

本当の自分は、違うのに… 今更、その壁をぶち破ることが怖いのかもしれない。怖くて、心配かけるのが怖くて、今まで嘘をつき続けてきた何十年もの代償が大きすぎて、

 
「私は良いんだけどね、せめて親族の前だけは…」って
「口うるさくて、ごめんね…」

 
とも(o _ o。)

 

これが、あの子の苦しみなんだって。何となく感じました。
彼女があの場所で暮らしてるうちは、何も云えない。
それが彼女の選んだ生き方、一つの事実。
今は黙って従うことが、うちの努めなんだろうとも、判断しました。

 

 

 
もういいんだよ。
そんな思い込みは、この世から抹消してあげる。

俺なら全部受け止めてあげられるから
ありのままで良いんだよって・・・やりたいようにやっていいんだよって。

何もしなくても生きていける。好きなように生きていける。
それが、この世の本来の在り方だから。
一緒に、そんな世界を築いていこうねって。

 
 

子どもたちに対しても同じ気持ちで。
生まれた瞬間から、あるがままに感じるままに。自分の想いに素直に生きてほしい。
何があっても、全部受け入れてあげるから。

 
「あなたの居場所を用意して待ってるね」

そんなふうに、子どもたちに伝えたいものです(‘ ‘*)


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

化粧品のボトルを振り返る

なぜ青いボトルなのか?
今考えたら、そういえば…といったものがいくつかあります。

その一つが、化粧品。

 
当サイトのスキンケア関連のページにて
何度か取り上げさせて頂いた以下の化粧品たちは。

オーガニックコスメだったり、発酵化粧品だったり…
そういえば、青いボトルだったなって、思い立ちました。

 

当時は気にも留めなかった。
なんか格調高いデザインだな〜って印象くらい。
中身って、べつに透明な瓶と大差ないとか思ってた。

 
でも、こういったブルーボトルの件を見て取ると。

ブルー・ソーラー・ウォーターのボトル

 
なるほど! お酒だって、ワインだって、自然派化粧品もそうか。
発酵してるもの、生きてるものは、透明な瓶じゃなく、紫外線に触れないほうがずっと良い性能を保てるんだ!

そういう感じのことを学べたのでした。

 

太陽の光はあらゆるエネルギー。全てのスペクトルの光を解き放つ太陽。
生命は太陽の光を栄養とする。でも、その中で地球は、青い光は反射している。
おそらく紫外線…これを地球は反射してるんだ。要らないんだ。

紫外線が殆どカットされた状態で、地球に太陽の光が届いてるということは、そこに生きる私たちもそうだけど。
地球に活きるものは、青いボトルに入れておくのが、理にかなってるのだろうなって。
何度も何度も、想うようになりました。

 

さて、実は化粧品って自作できるんだ。

化粧水レシピ
美容クリームレシピ

 
これらが、化粧水になるし美容クリームにも成る。
原理は、ライスフォースみたいな高級エステの化粧品と同じ「発酵」。
ただブランドの既成品は、もっと色々な研究を経て独自にアレンジがなされてるだろう。

でも、商品開発を他人任せにするんじゃなく、
私たち一人ひとりが、ここから自分の思う形にアレンジすることも可能だって思った。
むしろ、そのほうが自分たちにとってよりよいモノが創りあげられるとも思った。

 
 
永遠の発酵。

それを実現できれば、若さをいつまでも保ち続けること、出来ると思うんだ。

 
今回は、玄米乳酸菌がベースになってるけど。
たぶん、もっと別の形の乳酸菌をベースにすれば、
例えば木の実とか、もっと寿命の長いもの。発酵菌のベースに向く素材ってある。
 
元種にする中心は、きっと寿命が長いものほど向く。
いつまでも発酵状態でいられるから。

1年草の稲では、まだまだ甘いんだ。
アナスタシアさんの世界では、杉の実が、きっとスゴイ効能を秘めてた。

 

石やウッドノートをベースに、今回の稲を組み込み、ハーブを混ぜ、その複合体で発酵させる。

青い瓶だ。

 
さながら地球の生命たちを、小さな1つの瓶で再現しているかのようだ。
私たちの知る、私たちが暮らす世界での、調和を示す生き方が、その一つの瓶に現る。
発酵瓶の目に見えないつぶつぶたちが、私たちの生を助けてくれてるのを知る。

 

こんにちは、精霊さん。
こんにちは、なくささん。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

お肌のお悩みは化粧品で治す?

ビーグレンっていう化粧品がある。
当サイトでわりとおすすめしてるブランドの化粧品。

肌への配慮も、
あらゆる女性の悩みをケアして美しくする、
というコンセプトも、素晴らしいものがある。

実際に、これで肌のトラブルが解消されたケースも多い。
私もそうでした…(‘ ‘*)

詳細 ⇒ ビーグレン化粧品について
 

さて、しかし。
私は一つ思い違いをしていたみたいです。

当サイトは、あくまで生活スタイルの改善で美しくなるのがコンセプト。
化粧品は「後付」も良いとこ、優先度低いんですよ。実際…

で、肌のトラブルって。
大体が生活環境のストレスだったり劣悪な食生活だったりしますから
普段からそういうとこ気をつけてると。自然と肌の悩みも解消されていくんですよね…

 

すると、だんだん化粧品の力を過度に借りなくても良くなってくる。
ビーグレンは、もともと重度な肌のお悩みに対して直にアプローチする製品なので

実は、当サイトの趣旨とは最終的に合わなくなるのです。
 

もちろん、何かしらトラブルが出てきた時は
生活スタイルと化粧品の、両面からケアできて素晴らしいが。
だからって、いつまでも使い続ける必要もないかもしれない。

ビーグレンさんの商品は「化粧品の持つ力」で最上の「スキンケア」がテーマ。
つまり、視野が化粧品中心なんですよ。

コスメ大好き女の子たちに是非ともおすすめしたいブランド。

 

が、私たちの描くサイトのコンセプトと。
そこに共感して遊びに来てくださる訪問者さんに対しては
あんまし響かないだろうな…というのが、最近何となく分かってきました。

だって私たちにとって、美容法の中心は生き方そのものにある。
化粧品による直接的な効果は、そこまで必要ない。

だとすれば、少しコンセプトがずれるのですよね。

 

当サイトのコンテンツの流れで考えればもともと

お悩み → 化粧品の図式と
お悩み → 料理法、生き方、生活スタイルと

2通りあるわけです。

お悩み → 化粧品とくれば、
同時進行で料理法や生活スタイルの改善アプローチも見込めますが

お悩み → 料理法、生き方、生活スタイルで少しずつ改善するならば
最終的に化粧品のコンテンツは必要無くなります…

 

まぁ、訪問者さんが好きな方を選んでくれていいんです。
すると私のところに来てくださる方って、後者さんの比率が高いです。
私自身がそうなので、似たもの同士引き寄せるのでしょうか(‘ ‘*)

 

最初、私は一般向け(俗に言う美容雑誌掲載のああいうの)の人に対して
化粧品だけじゃなくてこういうのもあるよ〜って名目で
料理レシピとか、ライフスタイルのこととか、そっち方面もコンテンツ書いてました。

両方の視点からやれば、美容効果が劇的に上がるからですね。

 

ただどうしたことでしょう、
なんと化粧品選ぶ人は化粧品しか見ないケースが…。けっこう多かったのです。
逆もしかりです、もともと生活スタイル優先だったら、化粧品あんまし見なくていいからですね。

最初のコンテンツの設計が、なってなかったかも…

だからなのか、ものの見事に。
当サイトの中で「化粧品」とその他のページが分断してしまわれました…
スキンケアは、そこそこ通ずるだろうけど。
他製品のコスメの比較とか、端からどうでもいい感じ…

今後の運営スタイルを考えてると
なんか、ここだけずれてるな…という感じになってきます。
たぶん化粧品(スキンケア)については、もっと違った形がいいのだろう。

ちょと振り返ってみたのでした。
いずれコンテンツを改良しよう。
 

長々失礼しました(‘ ‘*)


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

化粧品や手作りコスメについて思う

一般化粧品って要らなくなるものだな。

もともと、人が持ってる力って、
それで充分に保湿ができるし、肌も綺麗になるし、
化粧品、じつはそんなに必要ないものだな。。。

と、そんな言葉が出てきました。

 

化粧品って、作られるまでに大変な工程を踏んでる。
自然派の化粧品でも、幾層もの植物の生命がその一滴に宿っている。

一滴一滴の重みが違う。
本当に、必要なときに、極一滴で事足りる。重さが違うのだ。
過去、誰かが生命を粗末にするなと言っていた。

一滴一滴、その僅かな中に、
どれだけたくさんの生命と、想いが込められているだろう。

 
思い出した。

普段何気なく使ってるもの。
一滴の有り難みを改めて感じる。
けして無駄には出来ない。思いの篭った一滴。

大切に大切に使いたいです(‘ ‘*)


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

化粧品を必要最低限に留める

本日、美容コラムを1ページ追加しました
 

必要な化粧品は最低限のもので
最低限の化粧品生活

断捨離、シンプルライフを実践されてる方にも
ちょっぴり参考になるかもしれません。

題して、最小限の化粧品で美容を実践する。

。。。

 

まァ、美容は化粧品だけが全てじゃない。

食生活は基本ですし、
どれだけ自由に楽しく生きるか。
心の状態も外観に現れるのを経験したから。

生活スタイルが一番大切なんじゃないかと思います。

 

だからもっともっと楽しく、自由に生きたいです。
人生楽しまなくちゃですね(‘ ‘*).。.:*・゜

[化粧品選び] ブログ村キーワード


» いつも応援ありがとうございます(' '*)