人の吐く息が植物の栄養になる

忘れてた。

植物にとってお日様とはお日様だけでなく、人もそうだったんだ。
人の吐く息は、そのまま植物の栄養になる。二酸化炭素と水。
人の吐く二酸化炭素と水には、その人の記憶が凝縮されて宿っている。
親しい大切な植物たちにとって、それは特別なもの。
主の記憶ほどの偉大な恵み、さもありなん。

なぜ植物に話しかけると元気になるの?
こういうところでも証明できるのかもしれない。

人はそこに居るだけで、側にいる植物たちの太陽になれるのだということを。

 
人と自然とが分断されたとき、そういった記憶を忘られてしまってた気がする。
それは、お互いにとって悲しみの音楽だった。

人は植物がないと生きていけないし、吐く息は側の植物たちに届かず、ただ生きること、その尊さを見いだせなくなってた。
逆に植物は側に人が居ないと見えない栄養が行き渡らず、自分が何のために生きているのかも分からず、その役目を遂行できないでいた。
お互いの存在理由が見失われ、存在価値を見失い、世界の人形と化した。

 
繋がりを思い出すことで、記憶は復活するんだ。
自分の生の尊さと、相手の生の尊さ。
お互いの存在が助けあって初めて存在できるということ。
ただ生きてるだけで、他の存在の役に立っているということ。

 
自分の生きた証は、これまでに関わった存在に刻まれる。
人の吐く息が植物の栄養になり、植物はその人の記憶を宿す。
人はその植物を食べ、自らの記憶と植物の記憶を体内に宿す。
そうして、お互いに循環する。

植物の記憶は大地の記憶。大地の記憶は星の記憶。星の記憶は宇宙の記憶。宇宙の記憶は創造主の記憶。

 
創造主の記憶が人間に宿る。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

死んだら何が残るのか

死んだら何が残るのか。

 
身体は土に還る。
モノはいくつか残るかもしれない。
高価な鍋とか、珍しい収集物がいくつかある・・・
いくらか芸術的価値は出てくるだろうか?

 
そして私の場合は、このサイトのデータが残る。
それと、生前描いてきた作品(音楽とか文学とか)が残る。

 
・・・

私の人生とは何だったのだろう?
死して振り返ったとき、そこに残してきたものを顧みるのです。
この人生をかけて、ひたすら何かに打ち込んできたつもりだった。

結局は何だったのだろう。
なんとも言えない、物悲しさが残る。

 
人生で何を成したのだろう?
不完全燃焼気味でもある。

 

仕事に打ち込んでいた時間が惜しい。
あんなもの、何にもなりはしなかった。

最低限生きてくくらいの金があれば
あとは好きな様に生きたほうがいいのだ。
私には人生をかけてやるべきことがあった。

 
それを忘れて、目先の仕事に囚われたか!?
やりたくもない使命感に囚われたか!?
 
後悔が残る。

 

今、私が死を迎えたら
サイトのコンテンツしか生きた証が残らない。

これが私の生き様なのか?!

 

遅い。気づくのが遅い!
遅いが、まだ間に合う。

自分の人生は自分のもの。
死してなお誇れる自分であれ。

 
私は私の生きた証として、創造することを続けていく。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

月の図書館

綺麗なお月様でしたね。
もう一つのブログのほうで、お月見の様子を書き残しておきました。

http://timelessberry.com/blog/505
http://timelessberry.com/blog/509

 
さて、しばらく図書館篭もりしようと思います。
月は鏡、地球を、自分を映し出す印。
月を見て、月に映る自分を見る。

湖を覗きこむ感じで。
その後、水に蓄積された波紋を読み取る感じで。
私が月を映す時、月にとって私は鏡となる。
 
 
月の図書館。
記憶のライブラリー。

現実のほうでは。
記録がたくさん記載されている、昔ながらの大きな図書館があって。
あそこには噴水があって、塔が立ってます。

あの場所に、引きこもって物語を追うのです。
 
 
過去の誰かの言葉が引用されるとき、言葉が今の瞬間に生を得ます。
私は過去を映す鏡になって、記憶を現実に再現してみたいと思ってます。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

10月8日は月食

明日は皆既月食が見られる。
日本時間で18時過ぎに欠け始めて、21時くらいに元に戻る。
見るならお気に入りの場所で眺めたい(‘ ‘*)

 

私なら夜の庭園にある湖の側かな。
それとも山の展望台の上。

どちらも真っ暗。
満月は明るいけれど、月が隠れることで新月みたいな暗さにもなる・・・
だから、月の情景と星の情景。どちらも楽しむことが出来るものです。

 

お気に入りの場所で、お気に入りの存在と一緒に月食を眺める。
いいですね〜。

 

久々に石や木、星たちと語らいますかにゃ(。◕ ∀ ◕。)ノ


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

オーラを見るということについて

生命は、様々な存在たちがあってそこに生きている。
人、人は自分一人の意志だけでは生きていけなくて、細胞の核、そこに触れる空気、水、植物、土、微生物、という地盤があって、そこに生きていける。

オーラを見るということについて。
オーラはその人自身より、その人の取り巻く環境を感じ取ることで見えてくる。

その人は、どんなものを食べ、どんな部屋に住み、今日はどんな服を来て、どんな人達と関わりあって生きているのか?
一つ一つの事実が、人を取り巻くオーラの全体像を教えてくれる。
その細かい事実の集合体で、その人から醸しだされる雰囲気が、自分にとってどういうものか。

というのが、自分から見たその人のオーラになる。

 

見た目の色だけじゃない。
香りや音、立ち振舞とか、居る場所とか、そういうのも含まれる。
オーラは、必ずしも見えないものだけじゃなくて、見える部分や香りや雰囲気から自分が感じ取るもの。

わりと現実的なものだと思う。

 

例えば、真昼間にいつも同じ服を着ている人が居る。
袖が破けてるのを、そのままにしてる。服装は黒っぽい。髪は無造作に伸び放題。

ここから見えてくるオーラ(印象)は、

「なるほどこの人は、会社勤めではない。人に気づかうことをしない性格で。自分の外面にはさほど興味が無いようだ。いつも同じ服着てるからお金がないのか? 袖が破けてるのはみっともない印象だ。」

 
というものになります。
その人の本質はどうなのか、この時点ではよく分からないけれど。
少なくとも、その人はぱっと見そういう人である(貧乏でろくな仕事してない)だろうと解釈されてしまうわけですね。

そう思われることで、本人は結構損してる部分がある。
これが、オーラが現実に与える影響。

 

で、このオーラは、見る人によって感じ方が変わる。
会社勤めという概念が一切ない人にとって、まず「ん?」と思うところがひとつ抜ける。
そして、物がない時代の人にとって袖が破けてそのままというのは、別に気に触るものでもない。

「解れてるのを直してくれる人が居ないのかしらねぇ?」という別な印象を与えるかもしれない。

 
靴はピカピカ。あれ?

 

その人の表面のオーラを一切無視して、次は目の奥だけを注意深く覗いてみる。
すると、その人がどういった意志を持って生きているのかが、何となく感じられるようになる。

この人は、自分の持ってるお金や時間を、身だしなみに使うべきリソースを、
すべて別なことに使っている。其れ以外のことはどーでもいいと考えている。

他人のこと一切考えてない。世間の風評も一切考えていない。
いったい、この人は何を思って生きているのか。目は一心に何かを見続けている。

それは何だ?
 

もっと奥の部分まで見ようとすると、次は行動に出る。
単純、それは話してみたら分かる(‘ ‘*)

 

オーラは、本質を見ようとすればするほど、
表面の細かい部分はどうでもよくなり、もっと芯の部分に焦点が合うようになる。

 
本質に近づくほど、それが0能力っぽくなる。(霊能力?)

本質の部分は、その人の意志。意志が目に宿り、言葉に宿る。生き様に宿る。
それを構成する、その人を取り巻く環境・・・の残留思念が、その人の意志の方向性を醸し出している。

 
オーラを見る、

表面の印象をみるのが現物を見る人の思考。
本質を見ようとするのが意志を読み取る0の思考。

両方の視点からその人を判断する。

 

0は、余計なものをきっちり取っ払って冷静になった時に特化する視点。
より鮮明に、自分にとってありのままの現実(オーラ)が映し出される。

断食や断捨離が流行ったのは、0能力
自分にとってのありのままを知りたいと思う人が増えたからかも。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)