一方的に教えるのはありえない

時代は変わりつつある。
以前の考えが、通用しなくなってきている。

 
過去に絶対的な教えだったものが、
今では世迷い言に変わってるモノもいくつか見受けられる。

 

教える、ということは。
自分の情報を相手に分け与えるということ。
このとき、自分のエネルギーが相手に宿る。
相手に食べさせるということに等しい。

たぶん、WEBサイトに掲載されてる情報は、書いた人のエネルギー一色。
一方的に閲覧者に働きかける。読む人にエネルギーを食べさせて、自分の考えを浸透させていってる。

読者は、私の世界に触れて、何を感じるだろうか。
そこで違う視点にふれて、自分の世界を広げていくだろうか…

 

しかしこれ、教わる際は気をつける点がある。

「学校」の場で置き換えるなら、教えるというより、先生に「教えさせてる」感じである。
もし子どもたちが、仕組みに動かされてる(教えさせられてる)先生の元で習うとしたら
「仕組みに操られエネルギー」を、そのまま子どもたちに感染させてしまうということにもなってる。

もしも、子どもたちが「言うことを聞きなさい」ばかり言われてたら…
その「洗脳みたいな言葉」を半ば強制的に受け入れないといけなくなるんだ。

 
そうやって、仕組み(世の中のルール)に動かされる人形が増えていく。怖いね。
仕組みの中では、なぜかそういう人が生きやすい世の中。上の立場の思い通りに動く人形みたいな人が生きやすい世の中だった。
過去の時代では、言われた通りお利口さんで居ることが、一つのスキルではあった。歪な人間社会の中で、生きる知恵みたいなものだった。

しかし、人間社会は人間社会単体では存続できない。
必ず、自然界という場があって、その上じゃないと人は生きていけない。

一方的に教えられるのは本来ありえないんだ。教える側が消耗するばかりだから。
教える側が一方的にそうなったとき、自身の考えに固執し、それだけが正しいと信じ、ついに視野が狭まって、周りの変化に気づかず、
時が経つに照れて時代背景、周りの環境のほうが変わっていき、誰も彼らの考えに賛同するものがいなくなる。

彼らの世界は消失していく。

 
本来、自然の中に生きるなら、そうはならないんだ。
常に視野を広げてないと、状況の変化を見定めないと、足元救われるのを肌で感じるから。
教えてるようで、実は教えるのと同時に、何らかの形で自分も教わっていく。

しかも、そういった者の生き残っていくのが自然の理。

 

一方的に教わる。言われたとおりに動く。は、仕組みに毒されるだけじゃなく
最も重要な状況判断力、適応力、生命力が鈍る、環境の変化についていけなくなるので
この先、変化の時代を生き残るなら、肝に銘じたほうがイイ。

必要なのは、自分で感じ、考えぬくこと。

 
生きる力。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

サイト名を変更しました

サイト名を「ロハス美容ライフ」に変更しました。
こちらの名称の方がサイトのコンセプトにぴったり合う感じですね(‘ ‘*)

今日2015年2月19日は、魚座の新月の日。

夢描く
のんびりゆったり
自然体
いと美しく
日々健やかに

生きるのだ(。◕ ∀ ◕。)ノ
 

5つくらい願い事に込めました(o _ o。)

「ロハス美容ライフ」
 

今後とも
気の向くままに
遊びにおいでませ♪


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

サイト開設から3年間振り返って

常に最善を尽くしたつもりだったけれど
後になってもっといい方法があると気づいた時
過去の言動によっては、それを修正するのが大変になるのだと。

今感じてます・・・

 

あの頃、

優先度関係なしに、むりくり進んでた。<つっこみまち
信念?のためなのか…なか無理強いな生き方が、他人を巻き込み、
サイトの文章にまで決めつけや断定、結論を急ぐこと。

そういった影響を与え

実はそれが、後で歪みを生み出すものと気づいて
気づいた時には、修正が、修正が。
もうこれだけで、時間のほとんどを費やされて。

 
もちろん、いいとか悪いとか無いと思うけど。
ただ、やらなければならないと思い込んでいた。
それが、、、

どんどん心のブレーキになっていった。
無理をしてまで、書くことではなかったのだと悟りました。

 
懐かしいなぁ。
数日間、サイトのコンテンツを見直してて
過去に書いた、必要の無くなったページたちが、

サイトから去りました。。。

 
もうココには、要らない。
他人を強制するような生き方。
過去の流行が求めてたような一過性の情報は要らない。
追ってもキリがない、そしてそれらは何も生み出さない。

周りに合わせるというのは、仕事?では必要とされるスキルでしたが
自分の人生を生きる上では足かせにしかならなかったようです。

 
結局、必要と感じたものだけあればいいんですね。
そうすれば、少なくともココに共感してくれた人が迷うことの無いし。
私も、この形のほうがすっきりして居心地がよくなりました。

 

確かに今は必要なくなった情報だけど
それを読み返すと、ちょと昔のことを思い出して懐かしくなります。

あの頃は頑張ってたんだな〜って。
でも、無理して創りだしたものは、結局何もならないね。
最初から何も無いのと同じ、徒労に終わるだけ。

それどころか、後になって修正が大変になるだけだね。と。。

 
あの時の選択は響くなぁ…

ただ、ああするしかなかった。
後悔はないのかも…

結果的に遠回りなんだろうか。
行動が目的に反して2つに分断された。あのときの結果の後始末…

それによって、もたらされたもの。
今思えば、良いも悪いもない…

 
ただ、常に最良の選択をしてきたつもりが
実はぜんぜん自分の願い叶ってないんですよね。

自分の望みだけに集中すればイイの
他人のそれは、他人の私が出来ることではないんだ。
他人は他人、本人の問題だ。

無理に、でしゃばることじゃないんだ。
確かに、より気づいてほしいとは思ってるだろうけど
それを助けたりもできるのだろうけど、結局本人の問題なんだ。

するなら自分のことが最優先。
あとはついで。ついでにできる事だけでいい。

だいぶ、気づけるようになったのかなぁ…

うみゅ。ここで必要なくなったコンテンツは
また、何処かで必要とされる日が来るかもしれない。

あるべきものがあるべき場所へ。

 

たぶん、これからも間違え!
というかもっとこうしたほうが良かったって気づくのたくさんかも。

その時に、過去の自分が未来の変化を認められるように。
今は最善じゃなく、もっといい方法があることを常に頭に入れておこう(‘ ‘*)

と思います。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

インターネット依存(google編)

当たり前のように、他に依存している、
私は、情報の交流をインターネットに依存している。
インターネットのツール、主にgoogle

情報発信するサイトのメンテナンスは、グーグルのツールに頼ったし、
訪問者さんの使うスマホやPCの検索エンジンは、大部分がグーグルだろう。
地図も、文章も、コンテンツすべて。

いつの間にか、他者に依存している。していた。
それは、便利だった。無料で、望んだ答えが手に入る。
googleは、これだけのものを作り、世界中で広く使われるようになった。

 
「全ての人に求められるコンテンツを提供する」

そういった崇高な理念のもとに、成り立っているようだ。
素晴らしいことだと思う。
 

私は、そんなgoogleのサービスに合わせて
的確なコンテンツは何かを知り、広く受け入れられやすい言葉を用いて
コンテンツを調整しなおした。

このようなサイトには欠かせない
アクセス解析とサイトのメンテナンスツール。
これで、訪問者さんが何を求めているかを知り
其れに合わせたコンテンツの調整も行っていた。

私がサイトを作る上で、多くを助けられた。
しかも無料だ。。。

ありがたい話だ。

 

。。。。

こういう事例は、たぶん私だけじゃない。
サイトを専門的に運営されてる方なら、大部分が頼っていると思う。
情報発信の面も、ある意味解析が全てだから。

googleのツールによって、googleの意図する方向に改善するよう努力を余儀なくされる。
そしてそれは多くの場合、すべての人に有益な結果をもたらすと思う。

情報を受信する側は、googleの検索ツール
情報を発信する側は、googleのサイトメンテナンスツール

 
すごい構図が見て取れる。

 
。。。

 
その結果、何が起こるか。
サイトのメンテナンスツールに埋め込まれたタグで
googleは、これらが埋め込まれたサイトに関わる全てのログを取りまとめ
今後の検索サービスの改善に、役立てる。

すべてのログとは、主に訪問者さんのアクセスログ、興味関心、性別、年齢、アクセスポイントその他。
それらの個人情報が全てグーグルに預けられる。

どれだけの個人情報が、自分のPCやスマホから把握されてるかは、こちらでチェックできる。

https://www.google.com/settings/u/0/ads/preferences/?hl=ja#general

 

知らず知らずのうちに、把握されている。
これらを使えば、もっと何か大きなことが出来るだろう。

 

常に、サービスの向上に役立てる理念は素晴らしい。
だから、ついつい無料のサービスを使わせて頂いてた。
特に気にも留めなかった。

 

そしたら、明くる日こんなことが起こった。

「プライバシーポリシーが変更されました」

 
この一文は、。。。恐ろしい。
例えるなら、ネット状に仮想の国家ができ、そこに住民票というネットの個人情報が集められ
知らず知らずのうちに国家のルールにしたがわないといけなくなった。

そんな感覚を覚えた。

 
人の作ったルールは、最初はどんなに崇高な理念に基づいていようと
其処にはめてしまえば、後でいくらでも改変しやすい状態に持って行くことが出来る。
それなしで居られなくすれば、ルールによって良いように動かされるだけだ。

今は未だ問題はなさそうに見える。
ただし、何か合ってからでは遅いし、
そういう状況を招きやすくする利用の仕方にも問題があると気づいた。

個人情報を知らずに渡すとはそういうことだった。
何か一つのものに依存するとはそういこうことだった。
他者に依存するとは、依存した部分に関しては他者にコントロールされても文句言えないということだった。

 
私は、インターネットの無料サービスに多大なお世話になってきたけど。
これがあるタイミングで規約変更になった時、使えなくなった時。
現状維持できるか?代替手段はあるか?もっと良い方法はないか?

策を講じておくことが重要だと気づきました。

 
利用者さん側の策としては、

・把握されてもいい範囲で利用する。
・クッキーを無効化する。
・ツールを使わない。

 
サイト運営者である私は
 
いったんサービス利用を見なおして(不要なタグを削除して)
少なくともこのサイトからは情報漏れが起こらないようにしようかと考える(‘ ‘*)

 
【追記】
2014年4月、Googleの内部プログラムを当サイトから削除しました。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

情報発信する立場として、反省点

サイトのコンテンツ、作る際に。
最初、私はこう思っていた。

自然な生き方で美しくなろうよ(。◕ ∀ ◕。)ノ

 
このコンセプトは、サイトの主軸だからOK。
が、アプローチの仕方をおそらく誤っていた。

バリバリの美容業界向け(?)
にテーマを選んで、其処に対してアプローチをしてたのだ。

 
美容情報!と聞いて、訪問者さんが期待するコンテンツってなんだろう?
そう思った時、真っ先に思い浮かぶのが、人気の化粧品、スキンケア。
それから、肌を美しく魅せる裏ワザ、これをすればきれいになる(即効で)

みたいに考えてそうな層に、アプローチしていた。

 
ややや、考え方根本から違いますから!!!

そこに外観だけ取り繕っても違和感しか感じないよ(。◕ ∀ ◕。)ノ
と、偉そうに意見してた感じもありました。。。

 

言わば、せっかく来てくれた人たちに対して
その人自身の在り方を変えようとしていたのだ。
中身を見ようともせずに…

 

このことは、先日の日記で法人化を勧めてきた彼の言葉だったり
私の為を思って教えてくれたマスターの言葉にも通ずるものがある。

先生の言葉は、先生の視点や生き方を前提に、最善と思わしき方向へ導くものだ。
そこに私の視点、私の生き方においてどう影響するかは、殆ど考慮に入っていない・・・
だから、自分の意図に合う人の教えでないと、耳に入らないのである(‘ ‘*)

 

私は、ここ数日間で食べ物を減らして、こう思いました。
さいしょから、コレでよかった。あの頃、食べるのが自分の中で常識だった。
たくさん無駄にしていた。。。ホントはこれだけで良かったんだ…って。

でも、こういうの自分でやってみないと分かんないのです。
いくら人に「良いよ」って言って聞かせたって、
私と同じような境遇でない限り、聞き入れられることはありえない。

 
恐れ多くも「教えよう」なんていう態度が、
いろんな摩擦を生み、いくら頑張っても聞き入れてもらえず。
ただ、空回りしていただけ…の時期であったのです。

今、多くの事柄がつながってきてるように思います。
自分も同じように、相手側の目線を経験したお陰か。

 

最近は少なくなってたけど、サイト開設当初はひどかったものです。
教えよう、とか。こうだ!とか、こっちのがいい!とか。

のーせんすでしたw(‘ ‘*)w

一方的に教えよう?としても、自分のエネルギー無駄撃ちなるばかり。
もったいないことですね。失敗しちゃってますね。

人が来ない頁って、こういう傾向が強かったです。。

 

 

それよりも

こうしたらこんな発見があった!
こんな出会いがあった!こんなこと学んだ!
実際にやってみたらこうなった!
だから、次はこうやって自分なりにアレンジしてみた!

うぉおお、めっちゃスゴイのが出来たーーー!!!(。◕ ∀ ◕。)ノ*:・’゚☆

 
こっちのがええわ(‘ ‘*)
みてて楽しいし、確実に、自分の糧として積み上がって行ってるもの。

共に成長。共に共感。

 
これから私は、私自身の望む生き方を積み上げてくのです。
何よりも自分自身のために物語を書き進めていくのです。
 


» いつも応援ありがとうございます(' '*)