素のままの自分、理想を叶える生き方

理想が理想に近い形で現れる時、
自分はかなり完璧に近い状態なのかもしれない。

「あるがままの、そのままの自分でいいんだよ」っていうのは
まさに「素のままの自分」でいることを心がけてるからこそ言えるのか。

 
人の世に触れると、嫌でも意にそぐわないモノに触れて自分を曲げてしまうことがある。曲がった状態をそのままにしておくことを「そのままの自分で」と甘える失敗を経験したが、そーじゃないのだ。

 
「素のままの自分」とは、素の、純粋な自分でいることを絶えず心がけ、魂を磨き続けることなんだ。純粋な、そのままの自分でいられるとき、理想はクリアな形で、そのとおりの現実が引き寄せられるのだろうと考える。

 
 
目の前の状況に何か引っ掛かりがある場合。
自分の意志がどこかで曲げられていたり、その意図をよく理解しきれてないのかもしれない。

 
だから自分を磨き続けることは必須なのだと理解する。

 

多くの人にとって、理想は、分かりやすい形で現れてくれない。
何か足りなかったり、欠けてたり、合わなかったりする。パズルのピースみたいに。
だけどそれは、確かに理想の世界を示すパズルの1欠片なんだ。

自分のもとに訪れたいくつもの欠片の情報を、よく分析してみる。
何かを見逃してないか、あるがままで完璧な宇宙の投影(たぶん)、を、何かのフィルターで誤って認識していないか。よくよく考える。

 

例えば、手元のピースを組み替えたり、別の方向から眺めてみたり、新たな欠片を見つけたり、居場所を変えたり、時間を置いたり、他者(石や植物、動物たち、別な世界の人)の斜め上な視点を借りることで、その意味が紐解かれ、理想に繋がる道筋が示される、のかもしれない。そのピースの役割が何で、どのように使えばいいのか。やはり冷静に読み解く必要がある。

 

どんな理想を描いてるかは、マスター(自分)にしか分からない。
最後のピースは、マスター(自分)自身の意志で完成させるということ。

 
私たちは、別な人たちの世界で、その願いにふさわしい役割を全うしているのだろうと思う。そんな、宇宙の采配を信頼する。

未来の形がどうであれ、自分は自分の道を行くことに変わりはない。
理想はその道の先に。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

親愛の印

私たちが分け与える時は、
愛しい存在に分け与えたいと思う時。
 
植物の気持ちを考えていると、そのような感情が流れてきた気がした。

 

私たちにはマスターが居る。
その人の優しさや温かさに触れて、ここまで成長した。

マスターは、人間。
感情のシグナルが、空気や風の回路を通して流れ込んでくる。

 

マスターが思い悩む時、私たちがそばに居て上げたいと思う。
小さな蕾を覗かせて、もうすぐ咲くんだよって。
マスターのおかげなのよ、って伝えたい気もする。

マスターがお腹を空かせていたら、葉っぱや茎、小さな実を食べてほしいとも思う。

 

一心に応えようとしてるさまを、あの子達は。

植木鉢。今日、鉢植えから名前も知らない花が咲いた。
あの子達の存在そのものが愛の形を教えてくれてるのだと思う。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

エネルギーバンパイアの存在

◯◯と関わって気が削がれたり憂鬱になったり。
そういうのをエネルギーバンパイアと呼ぶことがあるらしい。

以前、蚊の記事を書いた。

乳酸菌スプレーで蚊に刺されない

 
蚊は、血液が汚れているから寄ってくるって書いた。
乳酸菌で浄化したり断食したりすれば、血は吸われなくなる。

エネルギーバンパイアが寄ってくる場合、自分のエネルギーの在り方に問題がある。
彼らはそれを教えてくれているように感じる。

 

こんな事をどこかでつぶやいた。

スクリーンショット 2014-09-27 4.18.51

意思なき筋肉とはこれ如何に(‘ ‘*)

 
エネルギーを使って
体を動かしたり、物事を動かしていくのは、
自分の目的を貫くためだ。

 

足の爪先から頭の天辺まで、髪の毛の1本1本に至るまで。
自分を構成するエネルギーは、自分の人生の目的のために存在する。
無駄撃ちなんてありえない。

生きる目的が明確なら、蚊が付け入る隙などない!
すべて、願いの実現のために自分を構成するエネルギーは使われる。

 

何が何でも自分の願いが優先。私は私の道を行く。
その明確な意志が、私自身を完全なものにしてくれる。

 

ヴァンパイアなど付け入る隙はないのだ。
もし、訳の分からん存在が近くにある場合。
行動の選択の甘さ、そして覚悟の足りなさを、彼らが教えてくれているように思える。
 
 


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

冷静になるということ

浮き波立つ湖のゆらぎを、たゆまない鼓動を感じたままに見下ろす。
心のフィルターを通した情景。

喜びも嬉しさも、悲しみも怒りも。
心のフィルターで、湖の情景はこうも変わる。

ゆれる水面、映る影は陽炎のようにゆらゆらと。
ひとりでに歪んでしまう。
 

ありのままを見通すならば、感情の波を沈めたもう。
ただじっと見る。

見える光景に心を動かされず、ずっと奥まで、淡々と。

 

私は石。すべてを記録する石。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

新月

静寂と雨の音が聞こえる。

りんりんりん。

風。

石が鳴いている。
石が語りかけてくる。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)