ちっちゃく生きればやりたい放題

ちっちゃく生きればやりたい放題

言葉の響きは悪いかぇ?

 
大きく生きれば中身がスカスカ

真よのぉ(‘ ‘*)

 

ちっちゃく生きる時

その場に居るのは、自分自身だ。
 
自分自身しか居ない。自分自身だけがある。
 
この場に与えられた土地も、木も、草も、実も、降り注ぐ水も。

皆、私自身にあるがためのもの。

 
私はこの土地に属する。

私は与えられた区画、土地自身だ。
 
だから私は、土地。

土地を支配することで、私自身を支配する。
 
何物も、私を脅かすものはない。
 
私が土地と共にあるかぎり。

永遠に生きつづけることができる。

 

その土地を放棄してみよ。

その土地は、既に自分自身ではなくなり

自分自身の在るがための地盤を見失い

彷徨いびととなるのだ。

 

あ。去勢を張りたがる人が居るな。

あの人たちは何も分かってない。

自分自身に何もないというのを。分かっていない。

土地がないのに、なぜそんなに威勢がいいんだ?

半身を失ったことさえ気づいてないのか?

 

小さく生きよ。

与えられたこの土地で。

まずは小さく、思う存分に生きてみよ。

お前の人生は、そっからだろ?

与えられた土地に眠る無限の力を引き出してみせよ。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

商売のもう一つの言葉

ひとつ前の記事は、マスターの言葉から感じ取った内容をメモしたものです。

 
あくまでもマスターの視点から見たもの。
マスターは「商売は儲けないと成り立たない」という前提で視ている。

正しい。

 
しかし…

 

過度に儲けなくてもやっていける「店」に仕立てあげたら、その限りではなくなる。

 
最初から「土地」があり、簡単な「小屋」があり。周りに「菜園」がある。
その菜園で摂れる食材までで、お客さんの数を最初から絞り込む。
私たちは、その土地で暮らす。儲けなくても、その土地で自給自足できるくらいの基盤を整える。
その上で、応対するお客さんは何人か程度にしとく。

 
もともと、商売とは自分たちが生きてくために始めるものなのだ。
今の常識で生きるにはお金がいる。だからマスターは「儲けなければ」と言う。
今の社会では、正しい。

 
…が、その社会の仕組みから部分的にでも一時的にでも離れれば。
1人分が生きる程度のエネルギー全てを自給する、くらい実践できれば。
もはや、そこにお金の縛りは無くなるわけだ。

余剰範囲で、いくらでも好きなことをやっていけるだろう。
そしてそこに惹きつけるものがあれば、極わずかでも賛同してもらえる人が居るなら
集まったその人達を中心に、新たな学びを共有できるようになるだろう。

 
俺は構築レベルを高めることに多くの感性を使うぞ。それが周り全体への学びにもなるからな。あと媚を得る必要もなくなる。ちょーぜつ楽。
表面的な周囲への配慮はあまり気が進まんのよ。よって誰かに任せよう(。0 _ 0。)ノ

 
喜びやサプライズは、周囲がもたらす。俺は何もせん。
 
 

まぁ、最初はマスターの言うとおり、
儲けなければ基盤を整える資金すらままならないわけだが…

やれやれ(o _ o。)

 
 
一応私も一人でやってきた身ですよ。
商売の基本は、それなりに心得てる。
マスターの言い分は現状99%正しい。

なので、今の仕事においてそのとおりに実践してみよう。
少し過去を振り返ってみるとする。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

商売するにあたって

マスターは仰った。

 
お前が「これ」って言うものを持ってて
お前にしかないものが人を惹きつけるなら、やっていけるかもしれん。

まぁ最初はいい。
だが、そこから続けていくのは大変だぞ?

いつも言ってるだろ? 気遣いだ。もっと周りを見ろ。
相手が求めてる以上のもの、サプライズでもちょっとしたことでも、喜んでもらえるように気配りできんとな。ちょっとしたことで、お客さんはまた来てくれるようになるからな。

 
するなら自分が好きなこと、やりたいこと。
じゃないと一生は続かん。仕事も人生。楽しまないと損だろ?

だがそこに、周りに合わせると視点も必要だ。
この立地、この場所に、見込み客が果たして何人いるか?
そこでやっていけるのか? お前にはその視点が足らんな。

 

結論:お前に未だ店は早い(‘ ‘*) 焦らんでいい。

(o _ o。)


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

もう前兆は出始めている

水道が止まる。
あの雪で、一時的に水道が止まった。
あれは予兆だと感じた。
 
もし水道が使えなくなれば
都会の生活はどうなっていくのだろう。

電気が使えなくなれば?
ガスが使えなくなれば??
そして、車が使えなくあれば?

 
ライフラインが止まる夢を見た。
都会は暮らしやすいなんて幻想だ。
物流が止まれば、そこには何もない。

 
ならば田舎に住めばいいのか?

そーでもない。
田舎は車がないとダメだそうだ。
車…車も、ガソリンが配給されなければ使えなくなる。
田舎の一角だけで、生きていく覚悟など出来るのか??

都会の人も田舎の人も
みんな、自活はできるんだろうか?

なんて脆い。
なんて脆い。
 

恐ろしい夢を見続けている。
私は、あの時決断できなかった。
ここで決断したら、全てが終わりだと思った。

生きていくための基盤がなければ
どんなに目先が楽しくとも、空虚な最期がちらついてしまう。

 

もう見え始めている。
その前に、何とかしなくては。。。
 
頭の中に、どうすればいいのか答えは出ている。
覚悟を決めて、1つずつクリアしていくのみ。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

空き家

空き家というものは、なぜ空き家になっているのだろう。
主を失った家は、役目を失い朽ち果てるのみか…

 
かの人は言った。

「あの樹は怖い・・・」

 
なぜだろう?
と視ていたら、何となく感じるものがあった。
あの庭に放置された木々たちは、悲しんでいた。

人の世話の入らず、放置された植物たち
縦横無尽に、秩序を失って、これまで主のために尽くしてきた意味を失って
悲しみながら、その切なる声を張り上げて…

 

張り巡らされた蔓は、石壁の鉄線を覆い、建造物を朽ちさせる。
その命を、自ら燃やすように…

 

「あの樹は怖い」

 
かの人の視点で見た感覚。
今を、目の前のことを視れば。
あそこは、人を寄せ付けたくない悲しみの声がある。

普通は、立ち入ろうと思わない。

 
けども、目先の光景など如何ようにも変わる。
彼らの行く先、可能性を幻視さえすれば。

あの場所は…

 

あの空き家の主は、かつて居た。
その時の名残が、お庭の景観に残っている。
そこから、感じ取る。今どうして欲しいのか?

残された子どもたちのことが気がかりか?
帰ってこない子どもたちのことが気がかりか?

 
子どもたちの役に立てない、自らの現状を嘆いているのか?
あの樹よ、草よ、打ち捨てられた幹たちよ。
あなた方の声に耳を傾ける。

今何を望む、私に何かできることはあるか?

 


» いつも応援ありがとうございます(' '*)