人間は一人で生き抜くことができる

己を貫く覚悟。
自分のスタイルの確立。

人間ひとりひとりの能力を軽んじてはならぬ。
人は一人で生き抜くことができる。
前提として自然の土台が、食べ物の成る大地と樹が必要だが
人は一人で生き抜くことができる。

 
一人の人間には、生きるのに十全な能力が備わってる。
一人ひとりが、強く自覚せねばなるまいな。
 
自営してる人にとっては当たり前のことだ。
自分で仕事して食っていってるのだから。
自給自足となれば、さらに盤石だ。

 
生き様、人間一人ひとりに様々な生き方がある。
多種多様なれど、己で生活が自己完結ならば誰も文句はあるまい。
そして、類まれなそれぞれの生き方が、すべての人間に新たな可能性の灯火を宿す

 
己を貫く覚悟
自分のスタイルの確立

自分の生きる力を信じること。
自らの足で大地を踏みしめ、何が何でも生き抜くこと。

その延長線上に、自分の描き出す人生の、輝く予兆がみてとれる。

 

人は助けあって生きていくというのは、
皆が自立し、それぞれのスタイルを確立する前提での話だ。

依存ではないのだ。

他者の得手分野を活用することで、自らと他者の可能性ともに飛躍するのだ。

» いつも応援ありがとうございます(' '*)
   

コメントは受け付けていません。