糖質制限ダイエットを検証する中で

満月の夜は明るいですね(‘ ‘*)

 

さきほど糖質制限食についてのまとめ記事をアップしました。

糖質制限ダイエットの正しいやり方

 
パズルみたいで面白かったですよ。

巷で言われてるような糖質制限の方法には不満を持っていたので
客観的事実の断片的なピースを組み合わせて、情報の真意の程を検証させていただきました。

「正しい」とか無いんですけどね。
自分の目指す方向で、適切なやり方が変わるから。
当サイトと方向性としては「無駄な浪費を無くす」観点での正しいやり方となってます。

 

何だか、そうそう。例えるならこんな感じ。

方向性は異なるけど、例えば業界の金儲けのために情報を改変しようとするみたいな?
きっと、手法としては同じやり方ですよね。

まず世間に糖質制限食という、精製された食品を控えるといいよ。とブームを起こす。
次に、糖質=炭水化物だ!というフレーズを入れて(確かに部分的には間違っていないが)
糖質制限=炭水化物抜きダイエットと思い込ませる。

そして、肉食ダイエットだ。MEC食だ。と結論。
確かにぱっと見、痩せるし体調もよくなる。
瞬発力もつくから、一時的に快調?にはなる。其れは間違いない。

しかし、動物性食品は寿命が短い!!それは長続きしない!!!

動物性蛋白質たっぷり取って、病院送りになってね?みたいな。
なんか、それ分かってて言ってるフシがあるんですよ。

 
あの方たちにとって見れば、目的は単に金儲けなのだろうと思う。たぶん。
そういう意図で、あらゆる真実の中から部分的な面のみを組み合わせ、都合よく改変された見解を、広く一般に広めた。⇒ そのダイエットは間違っています!!と後から気づいても、ほら。患者さん増えた。薬も売れた。サプリも売れた。提唱者さんは干されるが、責任は取らない。選択したその人の問題。そうなってしまう。

裏で、ああ今回も一儲けできたね。よしよし。
のんびりくつろいでる人が居るんだろうなぁ…

 

私は、その人達のこと、悪く言える立場じゃない。
とても偉大な方たちだから。意図は好きに慣れないが、その戦略は眼を見張るものがある。
目的を達成するために手段を選ばないところ、その根回しできる人脈、メディアの使い方、人の使い方、投資の仕方、仕掛けるタイミング、どれも素晴らしい。

 
だからそういう戦略を見習って、私も一部を真似させて頂きました。

断片的な事実と事実を組み合わせ、矛盾点を見出し、現状の在り方は誤りだと思わせて
私たちの意図するような(自然に立ち返られるような)、その人にとってもメリットの有るような、もっと素敵な改善案を提案してみました。

 
丸3日かかった。

これが、情報を用いた「動かす力」の根源なのですね。
断片化のフラグをへし折る作品を手がけて、とりあえず今後の振り返り(‘ ‘*)

 

もしかしたら意図の方向性が支配や搾取に傾いてたから、
こういう手法の積み重ねで真実はどんどん断片化され、
情報自体が操作されやすくなってしまったのかもですね。

科学が常識とされるのも頷けますね。
あれ自体、一つの物事を細かく断片化して見ていく指針ですから。
科学が進歩すればするほど、情報が複雑怪奇に細切れになっていく…

真実の把握から遠のくばかりだ。

 
そうなるとメディアの力を握ってる立場が有利。あの人たち。
2014年現在、芸能界とかTVとかの報道を統制してるスポンサーのあの方たち。
ビジネスの世界において、お金がなければやっていけない環境にいるあの方たち。

やはり彼らは、自分たちの有利なように手駒を進めたい。

 

今回はたまたま糖質制限について言及しましたが。
昨今の世の中の事情を見るに、私達が常識だと思い込まされてるほぼ全ての情報を
疑って掛かったほうがいいだろうと、身を持って味わいました。

その教えは、誰のためのものなのか。
意識しないと見えてこない部分なのですが…

 

私も、色々なことを見落としている。
今日も一つ、糖質制限に関連する「玄米食」について誤った認識をしてたことに気付きました。
それは受け身で習ったことを、何の疑問も持たずにそのまま実行し続けたことで起こっていた弊害でした。

常識を常識として気にも留めない時、そこに重要な事柄を見落としているのです。
今回は糖質制限の検証のお陰で気づけた。内容については次の記事で触れます。
 
盲信による失敗【玄米のフィチン酸問題】

 

やっぱり、自分で真実を見えなくしていたんだなって。
どんなに悪意のある情報も、自分で実際に検証して答えを出せば問題がないから。

他人が言った断片的な言葉を、
さも自分で判断したかのように正しいと決めつける人。
情報を統制する立場からとってみれば、なんて動かしやすいのでしょうね…

 
 
選択は、その人の責任だ。
それはそれで仕方がないが、時々思う。
いつになったら自分の感覚を信じるようになるんだろう?

 
彼らは忘れてしまったのでしょうか・・・

自分を取り巻く環境は、自分の都合のいいように改変できるということを。
一人ひとりがそう。一人ひとりが望む環境の在り方を、自分自身の常識として創り上げることが出来るのですよ。

 

 

ちなみに、既存の常識とは全く異なる文化も、自分で創りだすことが出来るのですよ。
他から得たイメージ、例えば古代文明とか深海の遺跡とか星の軌跡を記した書物を掘り起こして、解読して、再現に没頭するみたいな。

最初は受け入れがたいだろうけど、
周りなんて関係なく、独自の生活体型を実践できてれば、後から少しずつ広まる。

人生はそれ自体がアートなのです。

» いつも応援ありがとうございます(' '*)
   

コメントは受け付けていません。