太極拳に学ぶ 地に足をつける生き方

身体の軸を意識する。
それが、身体のバランスを整える秘訣だと以前どこかに書きました。

これ ⇒ 骨盤ダイエット運動方法

 

ですが、本日。何かを見落としてることに気が付きました。
いつものように裏山に遊びに行き、夜明け前に裸足で歩く。

するとどうしたことか、太極拳というイメージを脳裏に思い描いたのです(‘ ‘*)

軸を意識する?
足場が不安定であれば結局ブレる。
もう一歩踏み込む必要がありました。 

 
注目するポイントは、体重の重心移動なんですよ。
しっかりと、全体重が足に集中し、地面を捉えているのです。

だから、身体の軸がぶれない。

 
太極拳の動きとか興味ないんで、今回はスルー(。◕ ∀ ◕。)ノ
とりあえず適当に舞っとけばいい♪ヽ(。0 _ 0。)ノ~*:・’゚☆

ここで学ぶは足。重心の移動の仕方ですよ。

 

全体重を足に集中させ、その足で地面を捉える。
さながら、地面に根付く根のように、しっかりと地に足を付ける動き方。

植物さんを見習いました。
根っこだ。

根っこがしっかり根付いていれば、後はどうにでもなる。

必要な養分は、足からやってくるのです。
そして、動きに無駄がなくなる。

行いが浮きづらく、しっかりと芯を捉えた行動が伴えるようになる。

地に足をつける生き方。
全体重の重心を、足に集中させるのです。
その足で、身体を支えてることを意識し、地面をしっかり捉えるのです。

あとで時間があればコラムにまとめようと思います。

 

。。。

この選手の動き、美しい(‘ ‘*).。.:*・゜

» いつも応援ありがとうございます(' '*)
   

コメントは受け付けていません。