素のままの自分、理想を叶える生き方

理想が理想に近い形で現れる時、
自分はかなり完璧に近い状態なのかもしれない。

「あるがままの、そのままの自分でいいんだよ」っていうのは
まさに「素のままの自分」でいることを心がけてるからこそ言えるのか。

 
人の世に触れると、嫌でも意にそぐわないモノに触れて自分を曲げてしまうことがある。曲がった状態をそのままにしておくことを「そのままの自分で」と甘える失敗を経験したが、そーじゃないのだ。

 
「素のままの自分」とは、素の、純粋な自分でいることを絶えず心がけ、魂を磨き続けることなんだ。純粋な、そのままの自分でいられるとき、理想はクリアな形で、そのとおりの現実が引き寄せられるのだろうと考える。

 
 
目の前の状況に何か引っ掛かりがある場合。
自分の意志がどこかで曲げられていたり、その意図をよく理解しきれてないのかもしれない。

 
だから自分を磨き続けることは必須なのだと理解する。

 

多くの人にとって、理想は、分かりやすい形で現れてくれない。
何か足りなかったり、欠けてたり、合わなかったりする。パズルのピースみたいに。
だけどそれは、確かに理想の世界を示すパズルの1欠片なんだ。

自分のもとに訪れたいくつもの欠片の情報を、よく分析してみる。
何かを見逃してないか、あるがままで完璧な宇宙の投影(たぶん)、を、何かのフィルターで誤って認識していないか。よくよく考える。

 

例えば、手元のピースを組み替えたり、別の方向から眺めてみたり、新たな欠片を見つけたり、居場所を変えたり、時間を置いたり、他者(石や植物、動物たち、別な世界の人)の斜め上な視点を借りることで、その意味が紐解かれ、理想に繋がる道筋が示される、のかもしれない。そのピースの役割が何で、どのように使えばいいのか。やはり冷静に読み解く必要がある。

 

どんな理想を描いてるかは、マスター(自分)にしか分からない。
最後のピースは、マスター(自分)自身の意志で完成させるということ。

 
私たちは、別な人たちの世界で、その願いにふさわしい役割を全うしているのだろうと思う。そんな、宇宙の采配を信頼する。

未来の形がどうであれ、自分は自分の道を行くことに変わりはない。
理想はその道の先に。

» いつも応援ありがとうございます(' '*)
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*