健康に生き抜く意志が、祖国に光をもたらす

うちには水場がある。
そのままで生きた水。とてもおいしい。

しかし、隣の畑は農薬をときどき撒いているようなのだ。
そのとき、水場は汚染されてしまう…

 

敷地を陸続きとみなした場合
まさに自分の首を自分で絞めているようなものだ。

分かりやすくは農薬によって。
大きな話で言えば、もはや大惨事の放射能汚染によって・・・
自然に仇なすは、結局は自身の健康を害すのだ

 
そりゃ制御出来んほど大掛かりな生産なんてしたら
土のミネラルバランス崩れて虫とか自然の害が出ますわな。
現代社会、経済主義に合わせて仕事すると、そうなる。自然に合ってないもの。

で、害に対して農薬とな…

 

自然の恩恵で生きてるのに、自然の摂理に反することをする。死の匂いね。
そういった現代社会は呪われており、現代社会の汚染に準じた仕事をする時、自らもまた呪われるわけだ。

農薬を使わないと仕事にならないだって??生きていけないって思い込み。
そもそも根本的な部分で、自分たち大地を蔑ろにしてるではないか!
自分たちの生命線を軽んじてるではないか!!!

 
気づかない…呪いは、弱い部分にじわじわやってくるから。
世の中で言えば、弱い人間。。。子供や赤ん坊、抵抗力の弱った病人となって生まれてくる。健康でなくなった人が増える。

現代社会の常識「例)コメつくるなら農薬マく」によって、自然の生きる本質を分かりづらくさせられてるなら。
教育によって間違った知識を植えこまれるような世界なのなら…傷ついた個々の人間は、どうやって未来を生きれば良いのか!??

 

簡単な話なんだ。
 
子どもたち、個々、一人ひとりが健康に生きることを再優先に考えるようにすればなのだ。
自分の弱った身体を通して苦しみを感じ取れるなら、どうすれば楽になれるか!どうすれば健康になれるか!探ろうとできるんだ。

親や世間の言うことなど意に介さず、周りなんて目もくれなくていい。
そもそも周りが間違ってることを、自分の身体が自覚している。
自分が、自分自身が!病に苦しむ自分自身が!如何にして十全な身体を取り戻すか!
そのことだけを考えて、そこだけに全力を注ぎ込みゃいいんだ。

不自然なことが色々見えてくるように成る。
大人たちはわからないだろう!自分で苦しみを自覚することがないのだから。
苦しみを、間違いを、自覚した人間だけが、そして生きることを諦めていない人間だけが、よりよい正解の道を探ろうと懸命になれる。

 
遠慮なく、自らの正解の道を歩め。
周りを突っ切って十全な健康体を目指し、自分独自に進め!

その先に自らの光が見出だせる。ついで土地を生き返らせるヒントを露わにできる。
ゆくゆくは、まわりの土地に光をもたらすことになる。

 
生き抜く覚悟を持った子個の能力と可能性を舐めてはならぬ。
子供も、病人も、何も出来ないひな鳥のような、か弱い存在ではない。

 
生き抜く覚悟を持て。

» いつも応援ありがとうございます(' '*)
   

コメントは受け付けていません。