見せかけで動かされる世の中

本物が買い叩かれて、イミテーションが持て囃される時代があった。
不思議な光景が、ここ最近の間で見られていた。

おろっと目を覚ませば、あれー?なんでー?って思うようなことですね。
そういうの今、現象として現れてるのが

 

「食べ物関連」
・食糧難なのに、なぜか日本では食べ物であふれている。
・よくよく見たら、その食べ物は薬漬けにされている。
・自給率が低いのに、殆どの人が自給する環境を整えられない。あるいはしようともしない。

「働き手事情」
・農村では若手が不足している
・就職難で若者が就職できずに困っている。

「社会情勢」
・経済が困窮している。

 
こんな感じ。
いろいろ情報が入ってきたので整理しようと思います。

まず、経済を回す地盤は食べ物と水にあります。
みんなが生きていかなければ維持できないから。
ここは過去の記事でも書いた

なぜ仕事をするのか?

 

次、今の経済は地盤を燃やして得たエネルギーで発展したものだ。と以前書いた。

以下は聞いた話なのであやふやだけど、ちょっと走りの例を出してみる。

農村で採れた旬の特産品。栄養たっぷり。
旬の時期は、その品物がたくさん出回る、安く手に入る。
とある業者が、その作物を安値で農村から買い叩く。安い内にどんどん買い占める。

業者はその後、その作物の相場が上がるまで冷凍室で寝かせる。
時期が過ぎて1個3倍の値段換算になった。よし売ろう! 市場に流す。仲介業者さん大儲け。
皆が食べる総量は変わらないから、その分、本来の時期のものが食べられるタイミングをずらされる。

 
もっと大きな規模で見た場合、海外からの食べ物の輸入ですね。
めっちゃ安く大量に仕入れる。わざわざ海外から。物価が安いからとかいう理由が主だろう。
しかしその分、現地の人の食べ物が行き渡らなくなる。し、
逆に必要ない場所に届けられた分だけ、輸出先で実った地元の特産品まで値崩れを起こす。

⇒ 作っても売れん、稼げん、現地の農家さんさらに苦しい。

もう無駄×無駄の連続です。

個人間のお金の動きを度外視しても、「土地の総エネルギー」目線でだってヤバイです。
輸送コストとか大量生産の安全管理費とか無駄な部分が膨大に出まくってるんですよね。

農村さんは土地のエネルギーを作物に宿らせた時点では、採れたて新鮮100%。
もし仲介業者さんが、新鮮で栄養価が高い内に地元の方たちにしかるべき価格で流通させれば、土地のエネルギーロスはなく健全な地盤を築いていっただろうが。

ここでお金儲けのために「高く売れる場所に運び出す」あるいは「相場が高くなる時期まで待つ」という行動を取ってしまうとなると、ロスがやばすぎる単位なんです。そのために訳のわからん品種改良したり、農薬使ったり、保存剤とか殺虫剤とかかけまくったりして、もう本末転倒。

作物はどんどん弱る一方。古くなって栄養素まで少しずつ失われる。
そして時期はずれとか、遠く離れた地にて、やっと出まわるようになる。
作物の栄養効率は50%以下、もっとひどくなると1割くらいに減っていたかもしれない…

 
農村さんは安いお金で買い叩かれてひぃひぃ。
そんな大変なことになってる一方で、訳の分からない業者さんボロ儲け。
もうこれは、そういった業者が土地全体からエネルギー(富)を無駄に奪っていたともとれます。

業者は何も生み出してない(むしろ訳わからんことしてた)のに、なんでそんなに儲かっちゃうの? ただ安く買い叩いて変なことして高値で売っただけ、果たしてそれが社会から必要とされる仕事だったの?

すっごいおかしな話。でもなぜかそれで社会的評価(お金)を得ていた。(この部分に収奪のカラクリがあると見れる)とすると、仲介業者さんが儲けたお金で、そういった変なことする産業がどんどん成長していくのですね。

 

食料品買い叩きー、薬品漬けー、加工品高値売りー、希少価値ー、ブランドー、そっち方面に走ってった。

 

はしょって、結果。

農村はお金稼げへん、街中で一発当てたるぜ〜。って若者が都会へ出向く。
労働力が訳のわからん方向に流れていく。農村から離れ、色々な経済活動。営業、企画、開発、流通。
で、生まれたのが、別に生きてくのに必要のないもの。けっこう無駄なモノ。

本物必要不可欠なものが買い叩かれる一方、無駄に見掛け倒しの無駄なものがブランド価値を上げて持て囃され、市馬にはびこってた時代が過去にあったのです。

 

なので今、こうして経済が低迷してるのは、世界が食糧難が騒がれてるのは、「本物の食材」、要となる場所のエネルギーを蔑ろにしてしまったから。

一方で何も生み出さないばかりか、害悪をまき散らした人たちが間違って評価されてしまったから。本物と偽物の価値がごっちゃになって、雰囲気で入れ替わっちゃった。

それで社会の風潮は本物の見る目を見失い、見かけ表層の部分で評価される時代になっていった。
大衆心理がCMとかで動かされて、偽物が光り輝いてたから。その分本物は陽の目も当てられなかった。 

食べ物から始まった小さな流れが積もり積もって。
市場の価値観が曲げられた。

「本物のエネルギーは日陰に追いやられ」
「中身の無い見掛け倒しのイミテーションがブランド価値を高める」

という大きな流れに曲げられていた。

 

美容関連の市場に携わってると、そのへんがよく分かるような感じでした。
その時代に売れてたのは、CMで大宣伝してお茶の間のお馴染みとなったあの商品たちでした。
別に効果効能を感じたわけでなく、見せかけの雰囲気に流されてただけ。の人が大半。

そういうの買う人は、実際の効果・効能・深味。よりも、イミテーション・・・
つまり評判とか口コミとかパッケージの雰囲気とか皆が使ってるからとかボトルが可愛いとか形が綺麗とか、表面的な部分でしか判断しようとしないのですものね。

だから大衆操作もやりやすかった。ステマ? おっけーおっけー。

 

で、肝心の中身は???

 

・・・これは、身体が弱ると敏感に感じられるようになれましたね(o _ o。)

 

そろそろ、気づく人も過半数を越えだす頃合い。
最近は、色々と炎上ニュースが多くなりました。

〜はホントは違った!とか、あそこの企業はブラックだ!とか
あの企業の製品は実は危険、避けた方がいい!とか。

 
ありゃー、何十年と同じことを続けて今更・・・みたいな(‘ ‘*)

ただこうして情報が広まって、これってマズイんじゃない? て気づく人が増えだすと、今までのようには行かなくなる。中身ないのに外見だけ取り繕ってやってきた企業さんとかは、今からますます苦しくなって、生きていけなくなると思う。

価値観が変わると、今までイミテーションで成り立っていた企業は根こそぎアウト。
そういったところは人員削減やコスト削減とか事業縮小とか事業内容の見直しとか余儀なくされて、新しく人を雇うなんてもってのほか。しかも今まで上手く言ってた分、別の方向性に乗り換えられるのは難しいだろう。アウト。

そういう企業がほとんどなんだから、就職難とかじゃなくて、それは元から必要なかったモノ。
仕事とすら言えない。エネルギーを無駄にしてただけ。

 

文字で描くと長くなるなぁ。

だからこれからどうすればいいか、見えてくるようになる。
こんな長文じゃ、分かりづらいな。もっとシンプルになるですよ。

「自分の食い扶持くらい自前で用意するのじゃ(。◕ ∀ ◕。)ノ」

 
何でも自前で用意すれば、本物を見抜く眼が鍛えられるから。
イミテーションに惑わされなくなる。本当の現実に生きることが出来る。

それを出来る人が、新しい時代の生き様を導いていくように思います。

カラクリの根幹を掘りさげてみた話は続きに。

http://goldenflower.jp/blog/2522

» いつも応援ありがとうございます(' '*)
   

“見せかけで動かされる世の中” への4件のフィードバック

  1. ももっこ より:

    初めまして。
    とても腑に落ちる内容でした。
    こちらの記事を転載させて頂いてもよろしいでしょうか?

    • Akino より:

      コメントありがとうございます。
      転載大丈夫ですよ(‘ ‘*)

      後日、よろしければ転載先を教えて下さい。

  2. ももっこ より:

    ありがとうございました。
    今日、転載させて頂きました。
    こちら。
    http://plaza.rakuten.co.jp/v11235813/diary/201501310000/

    完全に私の趣向で色々書いてるだけのブログですが。Akino様の書かれている事を転載させて頂いて、自分なりに考えをまとめる事が出来ました。

    他の記事も、とても興味深くて、これからゆっくり読ませて頂きたいと思っています。

    ありがとうございました。

    • Akino より:

      ありがとうございます(‘ ‘*)
      自分も好き勝手に記事を書いてるものですから
      こうして違う視点からの考えを拝見することができて勉強になってます。

      またぜひ遊びにいらしてください。

      Thanks.。.:*・゜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*