呪われた子

何でもかんでも親がしてあげてると。
子供は死ぬ。

親が子供の食べるものを毎日ぜんぶ用意して
残さず食べなさいね?

 
と、極端な例をあげてみた。
自分で選んで食べることが出来ない。日常。繰り返すうちにそれが当たり前になってしまったら…
勝手に選ばれたモノ…食べきれなかったら、それは誰の責任なのだろう???

 

自分で選んだわけでもない。
言いつけを、出来なかったからといって、誰の責任になる?

良かれと思って世話してる親は、まぁ怒るだろうが///
それが出来ない結果を出されるのは、誰の責任になる? 子供の自分で選んだ結果ですらない。

でも、子は怒られるのを見て自分が悪いと思うだろう。

 
自分が出来ないのが悪い。
与えられたものを消化できないのが悪い。
だから、無理してでも与えられたものを受け入れようとする。

そして、器が壊れる・・・

 
そんな子を、最近まで観てきた。

 
楽だからって…
何でもかんでも親が手出しするのは、マズイんだよ。

 
自分の手で掴もうとせず
ただ与えられたもので生きるだけの人形に成り下がる。
そして、自分の望んだものを自分の手でつかむことを忘れる。

人に依存して生き、自分が思う通りに生きられないのは人のせいだと宣う。

その子は…

 
もはや人間ではない。
ただの人形に成り下がる。

 
嘆かわしい。
嘆かわしい。
嘆かわしい。

 

それは子の人間性を殺しにかかった、無自覚な親の罪であろう。

与えられることでしか生きられない人間は、
どうやったら周りの人間に気に入られるか、力を持った人にどう媚を売るか、を徹底的に覚える。
それは子犬と同じ。愛玩動物と同じだった。

 

私は、そんな人間がこの世に存在するのなんて
思っても居なかった。

人間じゃなくなった存在に、どうして人間として接することが敵おうか…

人としての誇りを忘れてはならない。
自分で掴み取ることを思い出さなくてはならない。

» いつも応援ありがとうございます(' '*)
   

コメントは受け付けていません。