外注

とある業務、特定の人に投げっぱなしで、その部分は全く把握できてなかった。

人に頼むのは楽でいい。
生活を人に頼るのも楽でいい。
お金さえ払えば全部やってくれる。
ただし固定経費発生。

けれど最初は自分でやってみると、そこの大変さがよく分かる。
その分、その事に責任が持てるようになった。お金も節約。

 
自分自身に関わる物事を把握すればするほど、
生活でも仕事でも精神的に生きやすい感覚を思う。

 
いつも人に頼むことは、どこかで自分も経験していた方が良いだろう。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

本音をさらけ出して全てが始まった

本音は、その人の有り様。

  

今日は子育てに纏わるお話し会があった。 

その大きな女性の先生は、ありのままを話した。

そのものがリアルに、感じたままに表現されていた。

 

良いも悪いもなかった。 

起こった状況、場面を、感じたままに伝えてた。

聞いててリアルに想像できた。母の感情があった。子どもの感情があった。

  

思ったように話した、伝えた、かわいい、うれしい、寝てる時が一番、起きたらてんやわんや、思い通りにいかない、腹立たしい、ふてぶてしい、いうこと聞かない、何度言ったら分かるの? 反省、苛立ち、それでも我が子は可愛い。かわいい。。。

そんな感情の動きを、まるで見てきたかのように話していた。
とても分かりやすい。母と子の一場面が、簡単に想像できた。

 
その語られた言葉からは、はっきりとした輪郭が、存在感が、想いの形が宿ってた。一見ぶつかり合ってるように見えて、思い通りにならないのは「順調よ」って受け入れてた。だから、ありがちな凸凹ドラマに触れられて、面白おかしくも合った。親しみも湧いた。思わず共感する。そんな一面。誰しもがそうやって、思い思いの意志をぶつけ合って、学び合って、大人に成長していくんだねって。

 
子ども言いたい放題、わがまま放題。
それに対して、親も大人も言いたい放題www

でも、そこにはお互いを大切に思う気持ちが存在してる。
そうやって本音のバトルが面白い方向に(。◕ ∀ ◕。)ノ
人間性豊かなエピソードが繰り広げられていきました。
 
 
 

 

さて、自分が子どもの時は、どうだっただろう。と振り返ってみる。
まず、当時から母は、母一人で何もかも背負おうとしていた。子育て、仕事、家事のことで精一杯な状況に映った。祖父母の支えあってこそ生きていけたが、そんな母の大変さを知っていたからか、母には子どもながらに余計な心配をかけないようにしてた。幼いころから、いつ何を尋ねられても「大丈夫、心配ない」と答え続けた。母に対して負担にならない立場をとった。

「あんたは聞き分けの良い子だった。賢い子だった」

 
これが、後で聞いた当時の評価。

まぁ、母は一人で家を支えるためにずっと何かを頑張ってるのを知ってたから、邪魔しちゃいけないと遠慮し出したわけで。お母さんは大変。だからわがまま言っちゃいけない。次第に、普段思ってる感情から、母の負担になる言葉は口に出さないようになった。望まれた通りに見せる。勉強するふりをする。そんな母に対する態度が、そのまま外に対する態度になったように思う。

 

言われたことに対して

「やってる!!!やってます!!!」

で ⇒ やってるふり、頭ン中は別のコト
 
人間らしく、けっこう行動は正直に出るんやな。

 
そういえば、よく言われてた。

「あんたは、言っちゃいけないことを分かってるね。言っちゃいけないことを口にしない。賢いね」

この言葉は、思ったことの全てを伝えられない性格の裏返しでもあったわけだ。ある意味で良い場面もあるかもしれんが、本音の全てを話せない制限は、けっっこう引きずっている。大人になった今、まさにこの部分で躓いている。自分の感じたもの、思ってる言葉が、相手の思惑と「ぶつかる」気配を察知したら引っ込める癖。

・関わらない
・無言を貫く
・遠目に見る
・聞いたふりをする

そうやって、今まで生きてきたな。
意にそぐわない言葉は、記憶に残らず闇の彼方。
年を重ねる毎にひどくなった。何も自分の意に合う状況でなくなってったからか。
本音の殆どが閉ざされた。あるとすればゲームしてた時くらいか。
 

全ての本音は、いつも自分の中でだけ。
自分一人の世界で、思うがままの本心が渦になって、ぐるぐる。
が、いつからかインターネット、今まで外に出せなかったそれらを形にする最良のツールと出会った。

 
サイトは、共感できる人だけ視る。だから有りのままをさらけ出せる。
インターネットの中で、本当の自分を初めて可視化できた。音と言葉。イメージの可視化。ここから、本当の人生が始まったように想う。インターネットの中だけで。自分の名は「あきの」と響かせ。「あきの」の書いた作品が今日に残る。
現実のそれよりしっくりくる名前と、本当の生き様と、作品、足跡を残せる場所を手にした。

 

現実の繋がりでは、本音のすべてを見せられないでいる。誰に対してもぶつかることがない。だから多くの人に受け入れられて頂けてたのかもしれない。広く、浅く。
かといって、踏み込んだ付き合いができてるわけでもなく、人脈も殆ど活かせてない。

 
自分自身「思ったコト」を話すよう心がけてるけれど、誰に対しても、親にも友人にも、仲間にも。師にも、心許せるはずの存在にも、思ったことの問題ないような部分までしか伝えきれておらん気がする。本心、けっこう臆病に引っ込めてる。。そのせいで、たまに違う結果に陥ったりもした。言ってることとやってること違うよねって。そんな状況。

(本音を言えずに流されてたのか! で、当の本人、本意でない結果を目の当たりに、こりゃ駄目だと放置。無責任な結果を産んでたのだ! 人が絡むと、いつも望んだのとは違う状況になって、わけ分かんなくなるな。後始末のほうが大変! だから、自分のことは自分だけでやりたかったのだった。望みのもの、自分一人で卒なく手に入れようと思って。それが一番間違いなくスムーズだと思ってた。しかし、それを色々な社会体制が障壁となって無理難題な現状)

と、どうにも不満足な経緯があって今のこの状況か。
 

振り返ってみれば、自分の弱さは、本音を語りきれない部分にある。
たった一人でも良い、誰かに自分のありのまま、全てを伝えきれたなら…そこから変わっていけるだろうに。
今まで悪い意味での遠慮。相手の負担になっちゃいけない。からなる、伝えきれない言葉が、距離感と燻りを産んでたわけだ。

自分はこう思ってるのに!!!
伝えきれてない、だから望んだものが未だやってこない。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

今日は目の当たりにした。

本音で語る。
今日、話してた先生の言葉は、存在が圧倒だった。
確信を持って話していたからだ。強さがあった。

 

本音で語れる強さが、何十年もの実績で培われていったのだと感じた。
同じ本音を語るにしても、なぜにこうも違うのか?
自分に確信を持てるか否か。なように想った。

 
遠慮。という枠が無く、本音を伝えられる強さは、外のありのままの反応を受け止めきる度量あってこそだ。何とすばらしい存在感なのだろう。

 
きっと本音で語れる最初の存在は家族だった。
親と子の関係から、始まるのだと思った。
または、その代わりになる誰かなのだと思った。

 


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

響き合い

孤独を感じてると、生活が殺伐としたものになってた。
お部屋の中に一人、何もない、空虚だ(o _ o。)
自分のために自分で何かしようとしても、あまり喜びがない。
だから、色んな事がおざなりになってしまう。お部屋の中に一人。。。

何をやっても、視てくれる存在がない。
一緒に喜びを味わってくれる人が居ない。
そうして孤独を感じてる内に、どんどん塞ぎこんでしまうだろう。

だから一人じゃダメなんだ…

 

誰かに対して何かしたい。
何かしてあげたい。力になりたい。
力になることで、自分の価値を覚えていて欲しい。
 

そんな感情の流れを視る(o _ o。)
なるほど、そうか。

自身が無力に苛まれる時。
無価値だという葛藤と、誰かに認めてもらいたい気持ちと。
絶望から、どうにか抜け出そうとあがいてあがいて。最善を尽くそうとして。
が、間違ってる内は、知恵の輪みたいに、抜けない現状。

が、ある日。さらっ、と。解き放たれる瞬間に出会う予兆を感じとれる。
今までになかった、正解という感覚に気付く時が来る。

 
 
 

どんな感覚か。
その時に成らないと実感できないだろうけど。
体験すれば、過去の色々な出来事が多くの気づきに繋がる…今までの経験上ね。

 
例えば地に足をつけた瞬間、他の存在と繋がって、その瞬間から一人で無くなる感覚がある。
地に存在する様々の力になることが、芯に自分のためだと実感するに到れる。
存在と繋がりゃ、自分を大切に出来るわけだ。自分を貫くことに何のためらいも無くなるわけだ。
そのことが、真に他者のためにもなると確信できるのだから。
 

繋がりは、生かしてくれる、自然な。人な。

 
 

今までもずっと一緒に居た。
さぁ、これからもずっと一緒だ。

傍らで視ていて欲しい。感じて欲しい。
想ったことを口にしてもらいたい。

 
誰かと一緒にいることで。
思い思いの意見を酌み交わしながら、少しずつ形にしていける。
やりがいが生まれる。何事にも実践が全てに収まる。

 
 
これから為すことの道すがらでも。
ずっとずっと先にある結末の途中経過でも。
未だたぶん、多くの人が知らない地上の素晴らしさを、
片鱗だけでも再現して、一緒に味わってもらいたい。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

営業について学ぶ

先日、同級生と10何年ぶりに再会した。
昨日は7:00より、その同級生主催「朝活」に出席してきました。
独立して個人事業主になった彼から、営業の極意について教わった。

営業って?

営業ってね…
買いませんか?契約しませんか?じゃないんだ。

相手のこうしたいという望み、悩みや問題に対して、
自分の持ってるモノで解決の手助けができる、って紹介してあげることだよ。

 

あきのんには何ができるか? 俺には分からない(ここを伝えきれてない)
せっかくの知り合いで何か役に立てるケースがあったとしても、今は面と向かって頼みづらい部分がある。だからこそ、自分から入り口を作っていかなくちゃ行けないんだ。

自営業って、そういう意味でブランディングが必要なんだ!(‘ ‘*)

 
「そうか!ブランディングだ!」
 

今まで、仕事のんびりやってます。
一生遊んでクラス(o _ o。)
仕事そっちのけのんびりふにゃ〜。

と、ブランディングしてました(。◕ ∀ ◕。)ノ
 

仕事? ….遊び人です。と殆どやり過ごしてました。
そりゃ、顔見知りとはいえ逆に注文しにくいわな。
仕事面倒なんで、のんびりやって行きたかったのです!

 
 
が、曰く、目的に見合う方向性と仕事が一致さえすれば、加速度的に展開できるんだよ!と伺った。人生の目的と、やる仕事の方向性が一致する、それが一番だよ。そのように動けばいいんだよ。

やりたいことに向かって働く為の営業、ブランディング。
俺は〜なりたくて、こういう取り組みをしてる。それを皆に発信してる!
そしたら、それに見合った仕事がやってくる!って流れ、理想的だと思わないかい?

それにね、リアルの1人は、ネット10000人分の価値だって言われてるよ。顔と顔を合わせてのお付き合いのほうが確実なんだ。
 
 

そんなことを彼の実践経験も交え、朝活を通して1対1で教わった。貴重な時間でした。
ああ、木を植えられるような仕事を後押しできればいいのう(‘ ‘*)
と、今日も京都てカレーを食す。美味い。
 
 
それでは気分を落ち着かせて。
大きな樹に囲まれて、遊んで暮らしたい(。◕ ∀ ◕。)ノ
樹の家
と、目標を打ち出してみます。

 

 

その為にできること。

おひるね(o _ o。)zZZ
たべる(‘ ‘*)もぐもぐ
うえる(。◕ ∀ ◕。)ノメガ出ますよ~に
かんさつ(o _ o。)じー
きろくq(‘▽’)きょうは〜

 
このように、誰でも出来ることが出来る! 
本気でこれになる。

 

もっとお固く掛けば
問題や取り組みに対して、徹底的にごろごろして観察し、食べながら打開策や原因を探り、
植えたりして実際に試し、観察検証し、繰り返し記録して上手くいくまで反省しながら何度も挑戦する!

「広い視野で上手くいくまで何処までも探る!」

望む方向性に目を向けた際の、今まで私自身貫いてきたスタイルがコレ。
自然、食べ物、樹、自分自身を大切にする取り組みに対して、私は心から本気になるであろう。

このようにブランディングしよう!
(これで理想的な仕事が頂けるかは)謎…

 
何事も、試してみないと始まりませんからな。
 
「本気・本音」を伝えれば、ダイレクトに響く!

 
主催の彼の受け売りです(‘ ‘*) ⇒ http://ameblo.jp/natural-life-consulting/
イイ所は真似しとこう。貴重な学びに感謝。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

活路を見出すには

仮説と検証。

全体見る
見るポイント抑える(仮説)
それぞれのポイントでオンオフ(検証)

これで、活路を広げられる・・・

 
有名なトーマス・エジソンの言葉より
1%の閃きが始まり
 

閃きとは、視点の持ちようだ。感覚だ。
知恵かもしれないし経験かもしれない、人の話を聴く力かもしれない。自然や動物たちの感覚を身につけることかもしれない。

閃きをもたらす何かのきっかけで、仮説が…視野が広がるわけだ。
これまでとは全く違う視点で、同じモノを視れるようになる。
すると同じモノなのに、これまでと違う側面が映しだされる。

 
素晴らしいな。

 
たった一つの視点の違いで、全く違う価値を認識できるようになるんだ。
 


» いつも応援ありがとうございます(' '*)