土地と盟約を結ぶ

土地と契約を交わす。
すると、土地と自分とが一心同体になる感覚を覚える。

都会の中にあるあの土地は、荒れ放題だ。今、できることは限られる。
正直、苦しい。どうにもできん現状、自分自身の不甲斐なさに腹立たしい。。
今すぐにでも大金を用意して買い戻したいくらいだ。

契約を交わしたら…
 
土地の苦しみは、自分自身の苦しみに感じるようになる。
逆に、自分の苦しみが、土地すべてに伝わるようになる。

だから、お互いがお互いを助けようとする。
もう一つの自分自身(土地)を解放するために。全力を尽くすようになる
私とこの土地は一心同体。感覚を共有するようになる。

 
コンクリートの地盤と塀をどうにかして外さないと。
もっともっと生命が生い茂って、存分に生を満喫していけるように。
伸び放題、成長し放題、そこから余剰分が土に還り、土地の記録は養分を得て、新たな生命の礎になる。

生命の循環を、繋ぎ直す。

 
そして生命の循環に永遠性を見出す時、
私は私自身に永遠を感じるようになる。

作物が生い茂り、花が咲き乱れ、木の実が落ちてきて
落ち葉や枯れ草、種子が再び大地に眠る。
私は、夜の暗がりでそれらに触れ、共に温かな死の眠りを味わう。

 
一日の目覚めは新しい生命の始まりを喚起する。
朝の日差し、希望に満ちた夜明け、次は何が生まれてくるのか?
希望と期待に満ちた眼差し。

それは、死の眠りの中で、予め描かれた夢にも等しい。
土地とともに、新たな生命の誕生を迎える夢(あめ)

 

雨。雨が降ってくる。
雨は生命の記憶を循環させるもの。

雨が混ざり合うことで、土地のみんなの夢が混ざり合い、一つになる。
太陽と水、永遠の循環。新たな生命の生まれ出る予兆。

 
土地が呼んでる。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

望みのものは目の前にある

望みのものは目の前に在る。
今の世の中、その形が違って視えるだけ。

 
「都会」という枠組みの中でも
望みのもの__土地。はあるんだ。

それが表面上は、道路であったりアスファルト…と形が変わって存在してるだけ。
土地のもつ本質「様々な生命を宿したい」は、ずっとずっと根底に在って、変わらない。

 
エネルギー(物質の元素)の目線で見れば分かる。
原子配列や分子構造が変わろうとも、世界全体の質量は変わらない。

土地が「様々な生命を宿したい」と、空気中のエネルギー(物質の元素)を組み換え、まず雑草を生やそうとする。
その生命力が、都会の枠組み「動くな、平坦な道で居ろ!」の干渉を受けて、死体で固めあげられてるだけ。

でも、都会で生きてる者達だって土地の「食べ物」がないと生きていけないわけだから
抑えこんで奪った生命力のエネルギーを、別の形に変換して、販売してるんだ。

園芸用の土。プランター。

 
あれは、もともと土地にあった生命力が、別の形になったものだ。
そして、中身が無い。栄養がない、微生物や虫も見えない、歴史がない、すっからかんの状態になってる。

…つまりそのままで育てるのは難しくて。

土地の持ってた生命力の本質は、これまた何処からか奪ってきた「肥料」だったり「腐葉土」だったりと形を変えて販売されてる。

…望みのものは、確かに形を変えて目の前に存在している。
しかし、しかし、「分かりづらい」ではないか…

 

なぜそのままの形でないのか?
それが都会の仕組みだからだ。科学という考え方で動いてるからだ。
 
科学は、1つのものを細分化して定義づけることで、細かい部分まで突き詰めていく学問。
でも実態は、細分化すればするほどさらに小さな枠組みに囚われるようになり、生命⇒分子⇒原子⇒中性子・電子⇒…どんなに細分化しても定義の終りが見えない。…細分化すればするほど、物事の本質(元々の生命の有り様)を見失いやすくなる欠点を秘める。

 
それとおんなじ。

今の都会は科学で創られているから、物質のエネルギー(元素)が細分化され、本質を分かりづらくする地場が組まれてるんだ。

 
人は、望む。
元々の自然では、望んだものはシンプルに手に入るよう出来ていた。
けれども都会では、望んだものが分かりやすい形で現れてこない。

食べ物が欲しい時、
自然では、食べ物のなる樹を探すか、食べられるハーブを探せばいい。自然の理を知れば、たやすく見つけられる。
しかし都会では、食べ物を欲しても、そのままの形で得られないのだ。。。「お金」を稼がなければ…

 

都会において、全ての物質エネルギーは細分化されてると言っていい。
で、細分化したエネルギーは、殆どが「お金」を通して交換できるようになっている。

望みのものを都会で得るには、まぁ一般的には
・お金を稼ぐ手段と、
・細分化されたエネルギーを見極める手段。
・それらを正しく組み上げる正解の手順。

 
3つ。

こんなにも段階を踏まねばならないのだ。

 
もともとシンプルに叶えられた願いが
まるで気まぐれなゲームに付き合わされてる気分だ。。。
 

こんなに難しい世の中だから、人はよく努力の方向性を間違えて、願いが叶わなくて、悲観にくれたりした。

でも、望みが叶えられないからとふてくされる必要はない。滅入る必要はない。
よく視るんだ。望みのものは、形を変えて目の前に在る。それを知るだけでいい。
都会の枠組みは、所詮「自然」の土台が在ってこそ。薄っぺらい壁で区切られた幻のようなもの。

 
「見せかけ・思い込み」という壁を取り払った所に、より分かりやすい真実の形が視える。
目の前のものが、元々何で在ったかを思い出すのだ。何を願って存在したかを思い出すんだ。
それを知るだけでいい。望みのものを見つけられるはずだ。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

自然の棲み家と人間の住居との隔たり

動物たちと一緒に棲む!ってなったとき
どんなふうになるかなって想像してみたんです。

寒い寒い夜に、ワラブキの小屋の中でわらに包まれてすやすや。
もうすぐ冬だ。うー、ぶるるるる。。稲刈り終わって、新米が出回るべ。

 
しばらくしてると猫さんが遊びに来ました(。◕ ∀ ◕。)ノ
 
木の実とか、干し柿とか、干し芋とか、魚の燻製とか、保存食ように用意してる。
食べ物につられてきたのかい(‘ ‘*)?

 
にゃーにゃーにゃー(‘ ‘*)

もふもふもふもふもふ、hあったかあったか(o _ o。)

服着てないよ、自分ほぼ裸んぼ。
だからワラの香りや外の草や木、動物たちの匂いが肌に触れる。
何も着てないから、どれだけ違う匂いがついてもいいんだ。

逆にそれが、心地よかったりもするんだ。
他の存在と直に触れ合ってる感覚、繋がり。ぬくぬく。

 
猫の他にも、フクロウや狼、ヤギとか。イノシシさんもいる。

 

 

ワラブキの小屋の他に、人間用にきちんとした6畳間の住居も構えておくよ。
その中で、お客さんとお茶したり、人間に戻りたいときの気まぐれ別荘だったり。
最初は、お風呂場で身体を洗い流さないといけないね。

 
人間用の住居に帰るときは、外の世界と境界線を敷いてるんだ。
外の土の香りを洗い流し、植物や木々の香りを洗い流し、虫たちの気配や、動物たちの匂いも洗い流す。
そうして自然とはかけ離れた、人間独自の世界を守っている。
 

空虚で、孤独で、ひどく異質な。渇望感に似た響き。
人間に戻るとき、この状況がやけに窮屈で仕方ないとも思うが
これはこれで、たまに違う世界に浸る分には調度よいかもしれない。

 
 
さて。

自然と直に触れ合う感覚を取り戻すとき、最初に場の洗礼を受けることを覚悟している。
まず土地と繋がりを得るためのコミュニケーションを計らないとだろうな(‘ ‘*)

 
土地はよそ者に対して、まずふるるるるるるるる。
動物さんも、がるるるるるるるるるる

人間さん、こわいよーこわいよーこわいよー。

 
そして人間側も、
自然との接し方を一時的に忘れてしまってるから。

 

うーーー、時代の移り変わりって。
過去の負の遺産ばりばりね。
負の遺産受け入れてこその次ね。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

自分に関係することに関心を向ける

ニュースを見てたら、このような声が聞こえてきた。

グローバル社会といって海外に関心を向けさせるのは
自国に問題を抱えてる証拠だ。

自国の問題から大衆の目を逸らすために、
海外へ関心を向けさせる話題作りをするのだ。

ゆめゆめ注意するように…と仰った(‘ ‘*)
それは誰ぞ? 記憶の中にいる誰かの声でした。

これ。

 
つまり、メディアでなく個人単位でも言えること。
自分に問題を抱えてるとき、その問題から逃げてる間は「(他人)に問題を作って批判」するようになるんだ。
と。少し繋がりが見えてきました。

 
もしも自分に問題を抱えてなければどうだろう。

もとから自分に関係ないことには興味ないし、
話題に取り上げるほどじゃない。

れより、興味のあることのみに話題が集中して、
うりゃ〜ってのめり込むのが人生ですかの(‘ ‘*)?

 

うりゃー(‘ ‘*)
 
ということで、自分に関連することのみに関心を向ける。
また、そのように生きていける環境づくりをするの。

興味ない話題、無関係のものとはおさらばなのじゃ(。◕ ∀ ◕。)ノ


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

人間は可能性の種子にもみえる?

以前、こんな記事を書きました。

自分という存在を拡張した捉え方

 
自分の肉体から始まり、身体を維持する様々な環境も体の一部とする捉え方。
こう考えると、今の自分の肉体というのは種子みたいなものだなと思ったのです。

 
人は、自分で生きる環境を作ることが出来る。
自分の土地があって、そこで様々な木を植えたり、花を育てたり、作物を実らせたりして。
自分の生きる環境を、自分自身の手で形作ることが出来る。

理想の生き方は人それぞれだから、生活する環境の作り方は十人十色。
この生活環境こそが自分の身体の拡張だととらえた時、自分という存在は種子みたいなものだなと思ったわけです。

 
自分の中に、理想のカタチが渦巻いている。
その願いはいつか花開くことを夢見ながら、微細なる意志として静かに内包されている。
まるで種みたい。そして確かな未来のイメージを思い描いている。可能性の塊。

 

植物の種には未来がある。
願いを叶え、また次世代の種子を作り、次に繋げる。
人の未来もそうかもしれない。

願うこと、夢見ることが未来を形作り、
素晴らしいイメージの世界を構築する1歩になる。

冬至の時、新たな1年の形を夢見る時、ふとそんなことを思いました。

「人間は、種子みたいなものか」


» いつも応援ありがとうございます(' '*)