なぜ?という視点が、視野を広げる

過去にこんな記事を書いた。
乳酸菌から学ぶ、ネット情報の信頼性

 
乳酸菌は発酵しないという環境にいる人
乳酸菌が発酵するという環境にいる人

どちらの言い分も、ある面で正しかった。
もし自分の境遇だけを正しいと考えてしまえば…
相手の「前提」とする視点を知らないまま、終わってしまう一例。
 

しかし、なぜそうなるのか?という視点で
自分と相手の「何が違うのか」を理解しようとすれば、たちまちその謎が解明される。両方の正しさを理解できる。
そして、最終的に望ましいのはどちらか、自分の感性で選び取れる。

 

先日、こんな会話をした。

「動物性も食べないとダメだよ?」
「いや、動物性は食べる必要ないんだよ」

「ベジタリアンの人は寿命が短くなるってどこかの研究で証明されてるよ?」
「ベジタリアンの人のほうが寿命長くなるってデータもあるぞ?」

 
心配して、身体を気遣ってくれているのは有りがたかった。

ただ、どちらの言い分にも、それぞれの正しさがある。
お互いに前提とするところが違うんだ。だから意見が行き違う。

自然の味、素晴らしい

 
 

ここでは、お互いの思い描く「野菜」が全くの別物だと感じた。
野菜の栄養素も美味しさも全くの別物。

つまり、自然の「野菜」が十分に揃わない内は、なるほどそーか(‘ ‘*)!

 

 

「正しさ」とは前提とする境遇で変わるものだな、と思った。
正しさの基準は相対的で、皆が皆に当てはまるモノでもない。
単に、前提が実現可能かどうかの問題。

まぁ前提が実現可能って、前提はどういう形であっても実現はできる。誰もが実現できる。その方向性に良さを見いだせれば、すぐ変われる。

 
「その方向性に良さを見いだせれば」
 
一見相容れないような世界、色んな世界の良さを
自然体で、ありのままで体感できるようになったら、どれだけ良いだろう。

自分たちのライフスタイルを自由に選べるように。
なりたい自分に簡単に変われる。

違う世界の素晴らしさを知って、簡単に取り入れることができて、もっと色んな人と喜びを分かち合えるような。苦しみだってすぐ成長の糧になって、瞬く間に独自の持ち味が活きて。
 

 

 

なぜ?
どうして?

相手の正しさを認める、疑問点が浮かぶ。
自分との違いに興味を持つ、疑問点が浮かぶ。

この気持ちが、今まで無かった世界と繋がるきっかけに。

 

  

そうやって世界のパラドクスを紐解き、
いろんな場所、渡り歩ける範囲を広げていけばいいかの。

理想の実現までは未だまだあるし、現状でバランスとるか。
まずは植木鉢だな(‘ ‘*)


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

今、幸せか?

心が幸せだと真に感じているなら
自信を持って、自らの正しさの元に歩んでいける。
逆に幸せを感じていなければ、自分の思う「正しさ」の何処かに改善点が在る。

私自身は今、幸せか?
そうとも言えるし、未だまだ不十分だともいえる。

自分の目標に向かって、思いっきり進んでいける日々は充実そのもの。
積み重ね、着実に実現へと向かっている日々に、それなりの幸せを感じている。

 
一方で、不十分と言えることは。
理想を未だまだ実現できる手立てが及んでないこと。
言っても未だ途中経過であり、実践できないうちは100%の幸せを感じるなんて難しいと、決めつけていること。

 
実現まで、少し時間がかかるんだ。

 
その間に、私は…
満足できる暮らしを、しないことを選択してしまってる。。。

私にとっての満足な暮らしとは…

 
「芸術に生き、人…自然に愛情を注ぐ暮らし」

 

今の私は、できてるだろうか…?

 
今、仕事しなければいけない、稼がねばならない。
そういう言い訳をして、日々の幸せを軽んじているのではないか?

菜園の方は、順調か? 少しずつだ。
ここ1年。存分に作物を育めば、これからも現実味は増すだろう!

趣味の芸術方面はどうか? 過去、仕事に没頭しだしてから進んでいない。
時間は確保できる。作品を描きたい。やらない理由はない。なのに、気分が乗らないとかの理由で…そうだ、結局は気分に動かされてしまってるんだ。
物語は、書き進んでいると思う。そして本は、読む、今まで見なかった世界を目の当たりにしながら、途中で考える時間を設ける。だが文章にしては、まだまだ覚束ない。

 
…どうにも、偏りがあるようだ。
私は目標に向かって歩んでる。そこは肯定できる
ただ、日々の喜びはあるか? 日々の糧に喜びを見出だせてるか?

…淡々としている。

 
 
まるで労働者のように。淡々と仕事をこなすのみに終わってる。

 
。。。

 

もしかしたら此処でバランスをとるように、休息の間…喜びを日常の中で見出せれば
人や生き物を愛したり、芸術を育んだり、もっと自分の今を充実させることにも視野を向ければ

全てが上手くいくのかもしれない。

今、幸せか? 
まだ半分。未だ不十分。50%…

 

私は未だ、自分の人生を100%発揮できてない。仕事を言い訳に逃げてるだけだ。そーじゃないんだ。
なりふり構わず、遠慮せず、もっともっと人生の喜びを体現すれば、全て上手くいくビジョンを見た!

自分はもちろん、関わる人、場所、物事の全てが!

 
全てが。
確信に近づいている。

今100%、存分に生き抜く。
この場所で、思考を超えて、現実で、
幸せに満ちた人生を描き出してみせる。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

在るものを破壊する意味

よりよい物を作るために。
その可能性は、固まった完成品には無い。

完成品があるかぎり、私たちに成長はない。
よって破壊する。破壊。

にっちもさっちも行かない。
そんな時、人は攻撃的になる。
あれは、よりよい道を切り開こうとするためだ。

 
自分ではどうしようもない。
器の小ささを認めてでも、他者にエネルギーをぶつける。
その時、攻撃対象の反応から気付かされることがある。

 
あれは関わる者にとって不要なら、とっくに消滅している。
未だ在るのは、「周り」から利用価値があると思われているから。
ほらほら、いちいち周りを気にしては先に進まんぞ。
 

結局は、お前にとって必要なければ、
お前の世界から存在を抹消すれば良いだけの話。

 
お前のセカイに存在しなくなる時
新しい可能性がお前に現れる。
では、新しい生を再現してみせよう(。0 _ 0。)ノ

 
そうやって、静かに完成品が消滅していく。
実際に壊すことなく、あれは時とともに朽ちる。
時を待つこと無く、私のセカイからは一瞬にして消え去る。

 
あれは存在しない。
その瞬間から次々と、
新たな可能性が生まれていった。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

もう前兆は出始めている

水道が止まる。
あの雪で、一時的に水道が止まった。
あれは予兆だと感じた。
 
もし水道が使えなくなれば
都会の生活はどうなっていくのだろう。

電気が使えなくなれば?
ガスが使えなくなれば??
そして、車が使えなくあれば?

 
ライフラインが止まる夢を見た。
都会は暮らしやすいなんて幻想だ。
物流が止まれば、そこには何もない。

 
ならば田舎に住めばいいのか?

そーでもない。
田舎は車がないとダメだそうだ。
車…車も、ガソリンが配給されなければ使えなくなる。
田舎の一角だけで、生きていく覚悟など出来るのか??

都会の人も田舎の人も
みんな、自活はできるんだろうか?

なんて脆い。
なんて脆い。
 

恐ろしい夢を見続けている。
私は、あの時決断できなかった。
ここで決断したら、全てが終わりだと思った。

生きていくための基盤がなければ
どんなに目先が楽しくとも、空虚な最期がちらついてしまう。

 

もう見え始めている。
その前に、何とかしなくては。。。
 
頭の中に、どうすればいいのか答えは出ている。
覚悟を決めて、1つずつクリアしていくのみ。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

未知なる不安を乗り越えるために2

心に不安があるとですね。
お互いが衝突しかねないのでした。

そりゃ。未知に対する不安は大きいもんな。
 
普通の人にとっては、理解を超えた行いへの不安に対して。
未来を切り開く側にとっては「普通一般」の考え方に潜んだ危険性に対して。
 

こちら、普通という枠組みに潜んだ「危険」を極端に恐れすぎたがために、焦って時間短縮を優先した。
常識を無視した…必要な手順の数々をすっ飛ばそうとした。

「焦り」が元凶なんだよな。

「あれ」が無ければな、些細なことくらいは、カバーできる自信があったんだがな。。。

 

だけど…
一度体調を崩して、こりゃマズイと思い込んだ矢先に。
http://goldenflower.jp/beauty/7-healing.html

これまで危惧してた不安要素の…最悪な知らせが次々に飛び込んでくる惨状。
http://cocologsatoko.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-6d25.html
http://cocologsatoko.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-2b7d.html
http://cocologsatoko.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-2225.html
http://cocologsatoko.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-7c3b.html

あとこんな記事
http://grnba.secret.jp/iiyama/hikari.html
http://grnba.jp

この「ホ」の影響を極端に恐れすぎた。
すぐにでも何とかしなければと思っていた。
この焦りが一層強くなってしまった。

だから、田舎に行こうとしたり、いきなり広い土地を探したり樹を植えることを言い続けたり。
適切な手順をすっ飛ばさざるを得ないような心理が、働いてしまってたんだ。
乳酸菌や麹など、発酵の研究は独自に進めておるぞ(。0 _ 0。)ノ

 
そりゃ、家族の生命や健康には何事も代えがたいからさ。あれの危険性は未知数、しかも間近に存在する。早くに出来る限りの安全策を取りたかった。
彼女や周囲に理解されなくても、目先の希望を無視してでも、自分なりに守ろうと必死だったんだ。
まぁ、衝突や不安のしっぺ返しがものすごかったです(o _ o。)

 
このブログ書いてる方「飯山さん」3.11よりずっと同じことを言い続けている。
あらゆる著名人が彼の言動に注目してることから、記事はほぼ事実なのだと匂わせる。
彼のブログを見る以前から、自分も同じようなことを考えてたし。記事の内容はそれがより具体的だった。だから私も同調した。
もし、飯山さんのブログの言い分だけを全てだと捉えるなら。
無理矢理にでもその通りにするのが望ましいのだ。

海外居住への準備、田舎暮らし、一日一食、玄米・あらびき茶・豆乳ヨーグルトだけ飲む。で、夜は焼酎(笑)
 
 
それらは回答の一つ。彼の見てる世界での最適解。
で、私も同じような考えを持っていた(田舎暮らしまでの段階)

ただよくよく考えなおしてみたら。
書かれてある言葉は事実の一部分でしかない。彼の見てる一部分でしかない。
書かれてある事実は事実だが、それに対する見解は誤解を招く表現だったり…もしくは不十分である要素を多分に含む。
提唱された対処法は、彼の見てる世界での最善でしか無く、私たちにとっては解の一つでしかない。

その解が、全てではない。
万人にはとっさに実現不可能な場合もある。
だから一人一人が自分の道を模索し、覚悟を持って進まねばならない。

 
一つに対して盲信はダメなんだ。
物事の1面だけ視て全て分かった気になってはならないんだ。
彼も誰も、ことの真実すべてを理解していないから。
そう、飯山さんですら…核心を見落としてる節があるから。

  

 
「あなたが見てる世界が全てではない。あなたの最善が全てじゃない。どうしてそれ以外を無視するの?
 あなたの見ようとしてない世間には、また違った方法がたくさんある。それを知ることで、もっといい方法が見つかるかもしれない。
 現に私もあきさんのそれと同じように、あなたの知らないことをたくさん知っているんだよ。」
 
 
自分の視点…彼の視点や…専門家の視点だけが、全てにはならないんだ。
聞くみみを持たない性格は、間違えの一端なんだ。そこを学んだ。

だから改めて、放射能がどういったものか、より客観的な視点で考察を深めてみたんだ。
そしたらどうも「ホ」の危機を乗り越える方法は、もっと自然な形であるように思った。
現に「放射能が危険」という視点では、放射能の存在理由…内面までも理解しきるのは不可能だろう?
存在を理解し切ることなくば、それに対する最適解は得られないんだ。表面上の対処しかできん。それじゃ不十分。

故に今の段階では、ベストな選択肢は得られん。

幸い「ただちに影響はない」んだろ? あれから5年近く。
何年もつか知らんが、最適解を見つけるまでの猶予を与えられているんだろうな。
 
 

「焦りは盲目」だった。自分たちにとって失敗の原因であった。
でも、彼のおかげで未来に対する備えを、自分なりに築いてゆく機会を得られた。

それだけでなくSTAP細胞のことも
有用微生物がもつ永遠性、生命の未知なる可能性にも。
これまでの生活基盤を進化させる気づきにも恵まれた。
  

少し落ち着くと。
冬至を過ぎた辺りからどんぐりの出会いがあったり
彼女からかじゅまるくん「精霊の樹」の子どもをいただいたり。

大きく動かずとも、身近の出来るところから助けて頂いてるように感じてます。
これが自然な形なんでしょうね。
 
 
よくよく落ち着くと。
今できることは、もっとよく周りを視ること。
自分のできる体験を通して、あらゆる存在の意味を理解すること。
自分の見えてない身近なところに、もっと適切な答えがあることを知ること。

なのかなと。。。

 

落ち着くだけで、視えてくるものは広がってく。
焦りはまやかし。周りをよく視るべきだというサイン。

マスターからも言われた。
最近のお前は焦り過ぎだったなって。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)