乳酸菌醗酵で観る長寿遺伝子の覚醒

サーチュイン遺伝子ってあります。
これは、飢餓状態を保つことで覚醒する長寿遺伝子のことです。

糖質制限を行う目的は此処にあって、
「長寿遺伝子を覚醒させること」に焦点を充てた一つの方法なのです。

 
。。。

ちらっと、2つの乳酸菌醗酵瓶を見比べてみます。
黒糖入りと黒糖抜き。乳酸菌の粋の良さがそれぞれ違います・・・

玄米乳酸菌の作り方
黒糖抜きの乳酸菌培養
 
 
一昔前、玄米のとぎ汁のみに天然塩と黒糖を加え、発酵させてました。
そのまま餌(黒糖)を加えないで水だけ継ぎ足しても、
やがて醗酵が止まり腐敗してしまいますので、
常に新鮮なとぎ汁と黒糖、塩を継ぎ足していきました。。

 

今は、発酵液の中には、予め玄米を入れるようになりました。
すると醗酵の勢いの良さが上がり、格段に醗酵能力が上がったのです。
しかも黒糖抜きの継ぎ足しでも、腐敗しないようになりました。(醗酵は緩やかになるが)

 
・・・

とぎ汁のみの乳酸菌と、玄米入りの乳酸菌、
違いはDNAを含む細胞が含まれてるか否かですよね。

なぜ、玄米入りの乳酸菌は餌が無いのに醗酵を続けることが出来るのでしょう…

 
という思いを持って、醗酵瓶を見比べてみたのです。

 

餌…(o _ o。)

玄米から泡が出ています。
ぶくぶくぶく。。。

 

 

 

あ…
 
 

餌は、もしかして玄米自身なのか???

 

 

 

乳酸菌は、目の前に直ぐに食べられるような餌がない場合、
なんと、根源であるDNA(或いは其れに近い細胞)を餌にして醗酵を続けるのではないか?

と仮説を建てたのです。

 
黒糖と違い、玄米自体の醗酵は非常に緩やか…
直ぐにはエネルギーに変わりませんが、その上質な醗酵具合と寿命の長さは
菌坊さんの経験談が証明してくれてます。

http://ameblo.jp/dr-kimbow/entry-11546765280.html

 

まさかとは思いますけど、長寿遺伝子って実は
DNAが乳酸菌発酵によって進化したもの…ではないですかね(‘ ‘*)?

人のDNAは金によって進化する!

 
って、何処かで聞いたことがあるような気もするのですが…

まさか…

金 ⇒ 菌 ですか??

 

これだと、腹6分目でキープする理由も納得なんですよ。
前の記事で上げた通り、長期熟成瓶と現行の発酵瓶との併用。
この生命維持ギリギリのバランスが、腹6分目ということでしょう?

意図的にエネルギー飢餓状態を起こすことで
まさか、自分のDNA(に近いもの)を乳酸菌に食べさせるとは…
自分のDNAを菌によって醗酵状態にもっていくとは

こんな発想は考えもしなかった(o _ o。)

 

今まで私の学んできた教えの様々な矛盾点が、これだと合点行くのですよ。

 
私の中での健康的な食事とは

「穀物菜食(≒マクロビオティック)」から始まり
「酵素ダイエットによる健康維持の原理」を紐解いていき
ここから「一汁一菜の食事」や食物酵素を活かした「低温蒸し」レシピで一旦完結。

次に「糖質制限ダイエット」から長寿遺伝子?という言葉が出てきて
炭水化物断ちが、何らかの可能性を秘めてるというヒントを頂く。
だがコレは、一汁一菜の玄米食とパッと見矛盾する…
しかも派生の肉食ダイエットは、酵素の大量消費と腐敗菌の発生、環境破壊にまで繋がり、矛盾点が多すぎる。
(※肉食ダイエットについての考察

もしや糖質制限は、一般に浸透してるような白ご飯や砂糖、精製小麦粉のこと
を言ってるのではないかと経験談から予測。⇒ 糖質制限による少食

それに基いて今、発酵食品である「乳酸菌の醗酵」を見つめている。

 
そしてこんな記事も過去に書いたことがある。
人のDNAは12螺旋構造であった…と。

DNAは12螺旋が本来の姿

 
現状、人のDNAといえば2本の螺旋構造。
どうやってココから3本、4本と増えていくのか。非常に興味があったのですよ。
実際に、3重螺旋構造の人が居るとも噂で聞いたことがあるし。

で、今回の乳酸菌醗酵の原理。
乳酸菌醗酵は、言ったら大きな1つの分子を細かい複数の分子に分解する動きですよね。
まさかDNAを分解することで、この螺旋構造も増えていくのだろうか?
と、これはちょっと今までなかった考えで、検証する価値があると思い始めました。

 

そうそう、

乳酸菌醗酵には日光が欠かせないのですよね。
お日さまの光を浴びる。

これで、朝〜夕に存分に太陽(木漏れ日?)のもとで活動する大切さも分かるのですよね。。

 

以上のことから、長寿遺伝子の覚醒までの
より具体的な仮設を立てることができます。

サーチュイン遺伝子覚醒までの手順

  1. 酵素ダイエットの原理を頭に入れる
  2. 糖質制限による少食を心がける動き
  3. 断食で腸内環境を一旦リセット
  4. ここから両方に効果的な発酵食品のレシピで腹6分目をキープ。
  5. 太陽(木漏れ日)の下で思う存分に活動する。
  6. 夜はぐっすり眠る…

 

人の本来の生き方というのはどのようなものか。
見えてきたような、見えてきたような(o _ o。)

そんな気がします。


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

乳酸菌醗酵から、糖質制限のメカニズムを理解する

これは、私なりの乳酸菌瓶の回し方による答えです。
乳酸菌培養で黒糖抜き(糖質制限)は、
何も考えずにやるとキャパオーバー。醗酵が追いつかない。。。

 
現状はこんな感じ。
 
私の醗酵瓶のストックは750mlが3本。
そして、乳酸菌の補充は玄米を洗う時。1本分まるまる補充します。
 

ご飯炊くときは常に乳酸菌で炊きます。
それから、料理用に少々、化粧水、植物の水やり他。

毎日2合の玄米を炊くとすると
その日必要な乳酸菌液は540ml
あとは+αで、だいたい1本分弱消費ですね。

で、瓶のストックは3本…

 

3日〜4日で3本をローテーションさせていく計算。
つまり、3日〜4日で発酵させて回さないと量が追いつかなくなり、
乳酸菌醗酵が行き詰まってしまうのです。

今までは研水の継ぎ足しに黒糖を加えていたことで、うまく行ってました。
私の生活スタイル上、それで自然とバランスをとれていたのでした。

 
ですが、黒糖を加えない醗酵のほうが質が高まるのではないかという情報を拝見し
2本、黒糖抜きで試してしまうと、案の定行き詰まってしまったです…(o _ o。)

黒糖抜きの乳酸菌培養

 
発酵液が足りなくなった…
これは、アウトだ・・・

 
確かに良い情報だが、
鵜呑みにしたらバランスを崩すという状況を
身を持って体感したわけです(‘ ‘*)

なんか糖質制限で餓死?に似てますね(冗談ではなく

 

 

現行の器の大きさでは、3日間までの醗酵(放置)が限界のようでした。
それ以上引き伸ばされると、現状のままでは
発酵液が使えなくてエネルギー切れしてしまいます。

やり方(環境)を変える必要があります。

 

ここで、糖質制限ダイエットを行うのに何が必要か?
理解が深まったような気がしました。
 

それは、長期醗酵用の器を確保すること。
長期醗酵用の瓶と、現行の瓶を、自分の中で同時に存在させること。

この微妙なバランスを実行するために、
エネルギー乱高下の激しい単糖類(白砂糖や精製小麦、白米)は制限だ。
緩やかな消費で長時間持つ食べ物(発酵食品など)で瓶のキャパを広げ
腹六分目を保つことで長期熟成の瓶を確保してるのだな、と考えたのです。

続き ⇒ 長寿遺伝子の覚醒

まとめ記事 ⇒ 糖質制限ダイエットの正しいやり方


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

自己犠牲な人と一緒に居るのは負担ね

自己犠牲な人…過去の自分(‘ ‘*);;;;;

あああああ。ごめんね…
かなりかなり消耗してたね。

なりふり構わず、やりたいことも我慢して義務を全うしたのでしょう?
ぎむぎむ・・・?
 

そんなの誰も望んでないのに。
あのね、嘆いてたよ。

もっと自分大切にしてって。
意識が全然自分の方に向いてないよ。
そんなの、あなた自分に目が行き届いてない

知らず知らずに消耗してても気づいてないじゃん。

 
隣の人が見たら、嘆き悲しむ。
こうすればいいよ、ああすればいいよ。
外から見たら気づくからね。

ただそれ伝えても、本人自分のこと無頓着だったら
それ後回しにしちゃうね。

心配ね。

 
そーじゃない。

隣の人は、あなたにこそ必要だと言いたいのに。
どうして? そんなに自分を大切にしないの?

嘆き悲しむね。
見たくないね。

 
結局自分で気づくしか無いの。
意識を向ける方向の問題。

何をするにしても、自分の身体が資本ですからね。

自分に意識を向けるのは、最低限必要なことだった。
気づいた部分だけ、は、自分でケアできるようになる。

あとは、他人に気づかせてもらうか
目の前の鏡をみて気づくか。

 

意識が向けば、取り返せる…


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

情報化社会が招いた食の問題

現代の食の問題は何処にある?

栄養学でもマクロビでもMEC食でもビーガンでも糖質制限も一汁一菜でも●●ダイエットでもそうなんだけど。
色々な健康指導の定義が、情報化社会の中に出回ってます。

だからこそ、人は惑わされる。
そして多くの人は、あらゆる情報の一面だけを見てすべてを理解した気になる。

酵素ダイエットについて
糖質制限について
一汁一菜について
 

私が検証した中でも、これだけの見落としが合った。
 

これが完璧って思って、強情に突き進んじゃうと。
どこかでバランス崩すのですよね。
特に新しいモノを習いたての頃は良く間違う。

 
世界を取り巻く土台が欠陥だらけだもの…
 
どんな教えも完璧はありえない。
受け取り側も判断を間違うことがあるし
見落としてる部分は必ずある。思わぬ落とし穴、改善の余地は常にある。

 

健康を気遣ってるつもりで居て、あれ?って思うこともあるものです。
 
特に子供の体調不良に関してはそう。
身を挺してお母さんに教えてくれている。。。

「うちの子に限ってそんな…」
 
 
のが、意外とあるんですよ。
間違いに気づいた時、今まで信じてきたのは何だったの?って…

そもそも、誰かの定めた細かいルールとか条件が限定的なものだし
丸まま信じなくてイイ代物ですし。

どんなときも、自分の肌で感じ、考えることを放棄してはなりません。
身体は、自分の進みたい道に応じて作り替えられます。
自分の進みたい道と、実際の行動が食い違う時、問題が起こる。

盲信は、自分の道を誰かに捧げてるようなものだから…

 

情報化社会が招いた食の問題
自分で考えることを放棄した時、それは起こるのだろう。。。

必要なのは食べることに対して責任をもつこと…

食べることで、自分の身体はどう変化するのか。
食べることで、周りの環境はどうなっていくのか。

 
考える両方の視点が必要。

 
反省ものですね(o _ o。)


» いつも応援ありがとうございます(' '*)

少食にするなら、糖質は控えめに

少食を志す上で、感じたこと。
ただいま白ご飯を食べてきました(。◕ ∀ ◕。)ノ

美味しいね(‘ ‘*)

 
うん、でもお腹減ってきたね…
食べる前よりお腹ヘルとは何ごとだ(。0 _ 0。)ノ

 
そういえば、以前白砂糖のことについて書きました。
白砂糖、単糖類で一番燃えやすく、そしてエネルギー切れしやすい。

白砂糖の害

 
傾向として、白ご飯もそうであるみたいですね。
あくまでも玄米とくらべてですが…

同じように精製された小麦も、全粒粉やライ麦とくらべてそうなのでしょう。

 
なぜ世間では糖質制限ダイエットが流行ってるのか。
その片鱗を見た気がしました。

確かに、腹6分目でも我慢出来たのが、
これらで引き金が押され、次々食べたくなるんだ。

なるほど〜(‘ ‘*);;;

 

分かってたら、対策はしやすいですね。
しばらく白ご飯は封印ですね…

言い訳無用(。0 _ 0。)ノ

 
逆に、白ご飯に慣れてたら
玄米や全粒パンは食べにくいであろう。
固いから… 消化しづらいとある。

そのための醗酵技術ですね…
健康、少食、食べやすさ、美味しさ。
お互いのニーズを叶えられる。
 

早く完成させて、みんなに食べてもらおう(‘ ‘*)

 
糖質制限については以下のページに詳細をまとめました。

糖質制限ダイエットの正しいやり方


» いつも応援ありがとうございます(' '*)